マイマイ新子と千年の魔法

 

新宿ピカデリーの初日19時の回は予想通り空いていた。
BLACK LAGOON』の監督の作品だから結構おもしろいのではと期待していたが期待通りで、しかし、期待していた以上のものはなかったかな。
ちょっとつらかったのが昭和と平安時代の繋がり。平安時代を取ってしまって昭和だけを描いてくれても十分だったような気がいたしましたが、タイトルを見るとこの作品でそれを思ってはいけないような気もしますが思っちゃったのだからしょうがない。 自分が馬鹿だからというのもあるが新子が描く空想だったのか妄想だったのか実際に存在していたのかの平安時代を描いた意味が一回見ただけでは僕ちゃんにはよく分からなかったのでした。
全体的に気持ち話の展開が早いような気もした。 新子と貴伊子の友情をもうちょっとじっくり描いてくれたらラストは感動でけたような気もする。 因みに見終わった後に木刀を振り回したくなったのは自分だけだろうか。
音楽がかなり良く、背景の音もサラウンドスピーカーで鳴っていたことは鳴っていたがもっとガンガンに鳴らしてほしかったかなと。