昆虫物語 みつばちハッチ〜勇気のメロディ〜

 

新宿ピカデリーの初日15時50分の回は空いていた。アニオタは殆どいなかったけど自分より年が行っちゃっているおばちゃん達も何人かいたり見に来ていた年齢層は広かったような。 アニメにおっぱいやパンツだけを求めている人には進められないがなかなか楽しめた。
ハッチの母親が誘拐された理由がちょっとよくわからなかった以外は分かりやすい話でしっかりまとまっていたので脚本は良い出来なんじゃないかなと。 ただ、グサリグサリと来る緊張がなくおっさんにはちょっと物足りなかったかなとも思ったのだけど、子供の時に見ていたTVシリーズよりも昆虫だけの世界で描かず人間の女の子を出したことで見易なっていた。 
背景が劇場用アニメを成立させている素晴らしさ。 これで映画館で見る価値は十分なのだけど、音響がサラウンドスピーカーが殆ど鳴っていなかったそこはつまらなかった。
見る前は退屈するんじゃないかなとあまり期待していなかったけど、無理やり館に流しているBD上映アニメよりはしっかり映画になっており観に行ってよかった。