ANIME FES.“VS”バトル1

 
新宿バルト9の初日、20時20分の回は7割くらい入っていたかな。30代40代が多かったのは意外だった。

なかなか楽しめた3本立て。 自分が小学校6年のころから中学1年のころにかけてOVAを2本立てや3本立てで館で上映していましたがいまそのころと同じような時代になってきたような。 その後 「ガンダム」 から始まったアニメブームが終わる。  そのころにバンダイビジュアルが誕生し 『オネアミスの翼 王立宇宙軍』 が出てきました。アニメおたくはやめてしまっていたので 『オネアミスの翼』 は見に行きませんでした。 その後 『機動警察パトレイバー the Movie』 が出てきましたがこれも見に行ってません。 この2作が何年経っても何回も観れる名作だと知った時は館に観に行かなかったことを後悔。
 
 

前作に2種類のシリーズがあるらしいのですが自分は見たことがありません。 情報は殆ど持っていないタイトルでしたがおもしろかった。

「チンカス」 を台詞で連発するは浅野真澄。 「チンカス」がこんなに似合う声優は他にいないと思っいながら観ていたら、さあ、これから浅野真澄が活躍するぞという所になったら死んだ。あっけなく死んだ。爆笑もんだったけどだれも笑っていないので自分も我慢して笑わなかった。
 
 
ガン=カタを見せるマジンカイザーでしたが所詮ガン=カタをアニメで上手く見せてもパクリにしかならないのでそこは楽しめなかったけど、全体にパワーがある作品なので最初から最後まで退屈しないで見てしまった。
高崎晃の音楽も素敵だった。爆音館で観た価値はあった。
 
 
 
 

.hack」はPS2のゲームもやったし、真下監督のアニメも観ていたのである程度は知識は持っているけど、つまらなくはなかったけどいまいちでした。
今までのシリーズと違うのはリアルのキャラの顔と生活がしっかり描かれていた。