映画 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society 3D 

 
 

短編アニメーション『Xi AVANT(クロッシイ・アバン)』も観なくては損だろう思っていたので初日に観に行かなかったのだけど失敗した。直ぐにネット配信されたし、 『Xi AVANT』 のパンフレットがあるわけではなかったので館で観なくてもよかった。
それよりもバルト9館名入り 『攻殻機動隊S.A.C. SSS 3D』 のパンフを手に入れることにこだわればよかった。 売り切れだった。 ティ・ジョイがパンフを作ったらしいのですが、もうちょっと作ってくれても良かったのに。
 
 
そんなに楽しみにしていなかったはレンタルで一度観ていたからだけど結構楽しめてしまった。
 
 
好きではなかった3DCGの絵は立体3Dになると逆に凄く楽しめる画になる。
攻殻機動隊S.A.C. SSS 3D』 はCGの立体3Dは今まで観た3D映画の中では一番良かった。 『アバター』 よりも良かった。  Production I.Gと言ったらアニメのデジタル技術の最先端を行っていたスタジオでしたが立体3DのアニメもプロダクションI.Gがどこよりも先に示してくるかと思っていたけどちょっと遅かったかな。と、思っていたら一番良い立体3Dを観せてきた。
 
 
だけど、 『トリコ3D 開幕グルメアドベンチャー!!』 を観た時も思ったけど、作画の立体3Dは違うような気がした。 作画も立体にしないと全体の画が立体で成立しないのだろうか?  作画は2Dのままの方が良いような気がした。 
 
 
美術も立体3Dにすると凄く奥行が出ているシーンもかっこよかった。 美術は最初から立体3Dで計算していればもっと奥行があるかっこいい画にも出来たかもしれない。
 
 
凄い良い部分と、悪い所があった立体3D作品でございました。