劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン 3D 

 
新宿バルト9で観てきました。 今年の元旦のバルト9は空いていました。
 
イナズマイレブン』は一度だけしか観たことがなかったので登場人物やどういう世界なのか殆ど分からなかったのでございますが、立体3Dのアニメが観たくそれだけで観に行ってしまった。 楽しみにしていた立体視は非常に良かった。 ハリウッドだと奥行だけでしか立体視をやらないのが今回の3Dブームだけど、もう少し画面から飛び出してよな感じは日本の立体3D作品の方があり、そっちの方が自分の好み。『劇場版イナズマイレブンGO』はクドくならない程度に飛び出るを楽しめた。
 
ただ、何箇所かあったキャラの座っているシーンが背景に食いつかず浮いてしまっていたのは気になった。
 
バトル・ロワイヤル』のような話に、後半は試合ばかりでお話はちょと退屈してしまったけど、立体3Dがかなり楽しめたので非常に満足した『劇場版イナズマイレブンGO』でございました。
 
EDを見ていたら、秋山勝仁監督がちょっと参加していたっぽいのは嬉しかった。