『高畑勲、かぐや姫の物語 をつくる。~ジブリ第7スタジオ、933日の伝説~』 のBDが発売日にアマゾンから届いたので観ました。

 
 

なぜ大阪からわざわざ送ってくるのか疑問だが発売日に届いたからいいか。
 
 
 
 
長い!! 
家に帰ってきてちょうど郵便屋さんが持ってきたのでそのまま観出したらもう寝る時間になっていた。
 
 
 
 
自分は高畑勲監督の大ファンではないけど、このドキュメンタリーは宮崎駿監督も出ているので買ったのだけどちょっとしか出ていなかった。
しかし、普通におもしろかった。 かなり怒鳴り散らしているイメージがあったけど全然。 宮崎監督よりはおおらかな感じがしたけど、言葉はちょっとだけきつい時があったかも。 

 
 
 
かぐや姫の物語』 のラストでなぜ仏像が出てくるので笑いそうになったが、あのラストはかぐや姫が死ぬという表現だったのね。 それに気づけなかったのは俺だけですか?   なんか、作品の捉え方を間違えてしまったようで、深い作品だったんだなと。 まあ、 『高畑勲監督作品集』 はもうお金も払ってあるので 『かぐや姫の物語』 はもう一度観るのでその時は観方を間違えないようにしたいと思います。