アニメ映画 アニメビデオ ホビーの日記

スマホ表示では見つらいので、PC表示設定に変えていただければ幸いでございます。

劇場編集版 かくしごと -ひめごとはなんですか-

 

 

初日の新宿バルト9の15時40分の回を鑑賞。 400人入る小屋は100人は入っていなかったな。

テレビシリーズは全話観ているので話が分からないということはないけど、初見の人でも分かると思うけど。 かなりカットしてあったのでこれが気に入った人はテレビシリーズのBlu-rayを買ったら良い。  と、言いたい所だけど、エイベックスピクチャーズは欠陥商品の交換はしないどころかしらばっくれるのでお進められない円盤。

 

母親エピソードはクライマックスに付け足されていた。

 

放送を観る前は笑わせた後に泣けるくらい感動する作品なのかと思っていたら全然で、期待していたほど楽しめなかったけど、劇場版もやっぱりいまいちでした。

音はステレオだし、画はデカイスクリーンに耐えられていなかったしでアニメ映画としては中の下という所。 期待しないで観に行けば楽しめるかもしれない。

 

講談社はパンフレットはぼったくり過ぎ。

 

MG Ver.Ka 小説版 機動戦士ガンダムUC

 

amazonが転売屋対策なのか、ただ儲けたいからなのか、再販ガンプラの値引きをやめている。ポイントも付いたり付けなかったり。

でも 『MG 機動戦士ガンダムUC』 で欲しいプラモデルは大体買えた。後は「PG」が3体欲しいのがあるけど買っても置き場ない以上に作れるペースがないので2体はヨドバシでも売っているけど買えない。

 

「MGEX 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka」 の説明書のカトキハジメ様のインタビューを読んだら  「MG 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka」  と  「MG 1/100 MSN-06S シナンジュ Ver.Ka」  はアニメ版のMGの方がお得になってしまっているとか。「チタニウムフィニッシュ」が出たけど「クリアーモデル」と「なんちゃらフィニッシュ」で欲しいと思えたガンプラは今の所はないです。。

この2体は新古で買うしかなくて、箱の裏にいろいろ宣伝が載っているのが貴重。2体とも定価以下で買えました。

 

 

「MG 1/100 MSN-06S シナンジュ・スタイン Ver.Ka」 はヨドバシ.comで買ってセロテープまみれになっていなかった。 因みに金型は一緒なのに「カトキハジメデザイン デカール」欲しさに 「MG (ナラティブVer.)」 も買ってしまいました。

 

 

プレバン限定「MG 1/100 小説版ユニコーンガンダム2号機バンシィVer.Ka 最終決戦仕様」 はもう再販はないだろうなあ。これはヤフオク!で定価より送料も含めて若干安く買えました。ちょっとだけ傷んでいたけど作るには問題ない。

 

 

「MG 1/100 RX-0 フルアーマーユニコーンガンダムVer.Ka」 はパーツが箱にパンパンに詰め込んである。一度パーツチェックをするともう箱に上手く収めることは絶対に不可能。バンダイはよく綺麗に詰め込めたなあ。そこに感動と職人技を感じたよ。ガンプラ奥が深いぜぇ。それ以上に箱の奥がもうちょっとほしかったけど。 このままほっておくとランナーごとパーツがダメになってしまでダボ処理しながら仮組をしてしまう。

 

「MG 1/100 ナラティブガンダムVer.Ka」  と ガンダムベース限定で良いので 「MG 1/100ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ・​ディバインVer.Ka」 でも出ないかな。 次は何が出るのだろう?

 

 

劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち

 

 

新宿バルト9のメイン小屋の17時30分の夕方割で鑑賞。 初日だからかもしれないけど意外に30人くらい入っていした。

スタジオディーンがテレビシリーズと劇場版を同時に制作するのは 『らんま1/2』 依頼なのかな?

テレビシリーズの最終回にもうひと話追加した感じで、ほんのちょびっとだけしか杉田智和は出ていませんでした。 坂本真綾の最後は余分だったような。 テレビシリーズの 『七つの大罪 憤怒の審判』 と繋がっているので観ていない人は話は分からないと思います。

音響監督が若林和弘様だった。低音はかなり出ていたけどサラウンドスピーカーは鳴っていなかったような。3.1chだったのかな?

 

 

GUNDAM FIX FIGURATION #0030 ZⅡ

 「GFFN」では失敗した  『ZⅡ』 を今度は「GUNDAM FIX FIGURATION」をヤフオク!で落札。未開封だったけど箱はくたばっていたのはしょうがないかなと。未開封だとヤフオクで定価以上じゃないと落札できないいまだに人気シリーズ。なんでバンダイは終わらしちゃったのかなぁ。

頑固なセロテープを取るのはこのシリーズは無理というかやってはダメ。下だけ取り除く。 そして、大失敗した憎っき 「ドライ デカール」 に挑もうとしらなんと、ない。と、いうか張る必要がないようになっていた。デカールなんてちょっと遊んだら直ぐに取れてしまうのにおもちゃに付けなきゃいけない疑問は 「GUNDAM FIX FIGURATION」 ではナッシング。 ハイキュウパーツの水転写デカールに全部乗せ換えて貼って行こうかと思ったけどその必要もなかった。プラモデルでは必要なやつがあるけど。

「GFFN」と「GUNDAM FIX FIGURATION」の違いは箱がデカくて塗装剝げしないようにしっかりコンポされている。片づけるのが大変だったけど。 あと、カトキハジメ様の解説が裏に載っている。載っていないやつもあるけど。

「GFFN」より「GUNDAM FIX FIGURATION」の方が良いのね。もう全部を集めることは出来ないけど、再販もないだろうけど、本になってほしい。

 

  

海老川兼武デザインワークス

ヤフオク!で購入。転売価格ではなく、綺麗に保存していたようで殆ど新品。

 

海老川兼武さんとは確か同じ年だったような。

 

フルメタル・パニック! Invisible Victory』 がしっかり作られていれば「劇場版END」が作られていたに違いない。誰が悪かったのだろう? 3作目までは今観てもメチャメチャ面白いのに。

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』 の「スーパーカスタムザクF2000」というのかっこ良かったので「MG」で出ていないか調べたら「プレバン限定HG」でしか出ていなくてそれはかっこ良くなかった。

ディスプレイデザインも佐山善則様に負けないくらいかっこ良いので 『機動戦士ガンダム00』 の続編は 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 よりも凄くなるような予感がする。

機動戦士ガンダム00』 の「MG」と「RG」の監修をしていたのを1体づつ買ってあるというか、今週からどちらかを作り出そうとしているのだけど 『機動戦士ガンダム00』 は「PG」で買おうかと思っていた 「ガンダムエクシア」 が一番かっこ良い。しかし 「PG」 よりも 「MG」 の方がかっこ良く感じるし 、「PG」 は説明書がつまらないので買うなら今の気分は 「MG」 かな。

意外に放送は全話観たけど、皆様が感じていた通りだった 『機動戦士ガンダムAGE』。 の 「AGE-1 ガンダム」 がかっこ良いと思ってしまった。「MG」なら欲しいと思ったけど、これも今手に入らないのかい。どんだけ今プラモもブームなんだよ。 でも、俺が小学生だった時のガンプラブームもっと凄かったけど。 海老川兼武さんもリアルタイムで経験しているとのことです。 

 

 

画道―阿久津潤一デザインワークス

 

「PERFECT GRADE UNLEASHED」 のデザインのインパクトが強よすぎて、全塗装しなくてもトップコートを吹けばそれで十分な感じがする。

説明書に載っているのかいないと思うけどたぶん 「RGジオング」 のデザインもこのお方のデザイン。 バンダイはちゃんと元のデザイン画、監修画を説明書に乗せるべきだと思うのだけど、なんでやめたのだろう?

意外にこのお方の代表ガンプラ 「ガンダムアストレイ レッドフレーム」 の「MG」はプレバン限定でしか出ていない。「PG」は出ているけど。 アニメになってくれないと欲しいと思えないのだけど。 「RE/100」 も 「FW GUNDAM CONVERGE」 もこの方のデザインなのを知りました。カトキハジメデザインも出るので予約したけど。

ガンダムベース東京とヨドバシAkibaで見て「これかっこいい‼」と思った 「MG プロヴィデンスガンダム」 と 「MG ガンダムバルバトス」 は誰がデザインした分からなくて結局欲しい気持ちが失せてしまったけど、このお方でした。 と、いうか 『機動戦士ガンダムSEED』 の「MG」のデザインほとんどはこのお方っぽい。重田智様にやってもらうべきだったなような気もするけど。「MG  百式 Ver.2.0」も永野護様にやってほしかったし。

阿久津潤ファンになれるかためしに買った本だけど、高いよホビージャパンさん。 高くて良いのでカトキハジメ様のプラモ、おもちゃ監修本も出してください。

 

 

BanG Dream! Episode of Roselia II:Song I am.

 

新宿ピカデリーの初日の14時40分からの回を鑑賞。 新宿ピカデリーの中でも好きな小屋は130人位入るのだけど半分くらい入っていた。女性が2人、20代後半から60代のボッチのおじさんが殆ど。

「Poppin'Party」の出番が一切なし。

前回のような鬱話ではなかったけど、TVシリーズのどの辺りを描いているのか分かりませんでした。

最後の最後で長々と作画逃げをしたのはかなりマイナス。3DCGアニメになったから良くなったのに。

 

GIGS | シンコーミュージック・エンタテイメント  |  楽譜[スコア]・音楽書籍・雑誌の出版社 (shinko-music.co.jp)

HOTEI大ファンだった時に買っていた 「GiGS」 が声優バンドの特集をするようになるとは夢にも思わなかった。 HOTEIほどではないけどエフェクターも本格的なのね。 「BanG Dream! 」とタイアップしているESPに「BOØWY」が売れる前なのかな? 布袋さんがシグネイチャーモデル作ってくれないか頼んだらなんと!断られたという。そして今のESPはアニソンバンドのギターを高額で作っているという。一本買えば今欲しいガンプラがすべて買えておつりが出るくらい。

 

『BanG Dream!』の3DCGで描かれた顔は、コトブキヤの『フレームアームズ・ガール』 と これ良く知らないんだけど 『メガミデバイス』 の塗装の見本になると思いながら観ていました。髪の白ので塗られた光の反射はクリアーを塗ればいらないとか考えながら見ていたら 『フレームアームズ・ガール』 は1度作ってみたいと思うのだけど、アクションフィギュアの関節がどうしても気持ち悪いくてダメなんだよなあ。

 

  

魔法少女まどか☆マギ 10th Anniversary Book 1

 

ヨドバシ.comから発売日到着。

アンソロジー漫画と小説が1/3で期待外れだった。

新房昭之監督と、谷口淳一郎様のインタビューが読める所で良しとする。

 

 

大日本絵画 ガンダムセンチネル

Gジェネ』でしか知らなかった 『ガンダムセンチネル』 を捨て値で購入。

写真が分かり辛かったけど、当時のオリジナルの設定画が見れたのは良かった。

結局 プレバン限定『MG 1/100 ガンダムMk-V』 は説明書に監修画や記事が載らなかったので買わなかったけどガンダムベース東京で見た完成見本はメチャメチャかっこ良かったんだよなあ。

「 Ex-Sガンダム」 と 「Sガンダム」 は旧MGかHGUCで作ってみようかなと。新しくなったMGは作りたいと思えない。

「ネロ」 は 『機動戦士ガンダムUC』 に出てきても良かったんじゃねぇ。

カトキハジメ様が監督でアニメになったら凄いガンプラ祭りになると思う。スタッフに玄馬宣彦様がいたら 『機動戦士ガンダムUC episode 4』 を超えると思う。 アニメになっていない「ガンダム」で 『ガンダムセンチネル』 が一番メジャーの域に入ってきているような、 『機動戦士クロスボーン・ガンダム』 のような。まあ、でも 『機動戦士クロスボーン・ガンダム』は敵メカが酷いから。プレバン限定でもあんな気持ち悪いの出さないでくれよと思った。買った人はえらい!

 

 

GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE RX-0 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ

 

ヤフオク!が新古が定価以下で買えたので購入。

箱がちょっとくたばっていて、セロテープが茶色くなっていたのが気になったけど落札値段を考えると完全未開封だったのでまあまあかなと。発売されて8年くらい経っているし。その割には相手はかなり神経質な人だったけど。

 

中身はこんな感じ。

セロテープは綺麗に直ぐに取れたけど、シミは箱にバッチリ付いてしまっていた。取らない方が良かったのだけど茶色く変色したセロテープは醜かったので取ってしまうことに。

開封で2時間半くらいあっという間に時間が経ちゃいます。 『バンシィ・ノルン(覚醒仕様)』 も欲しいけど、あっちは本当に人気があるので中古でも高額。再販は100%ないでしょう。 『MG Ver.Ka』でも出ないだろうなあ。 『機動戦士ガンダムUC』からのカトキハジメデザイン「HG」と「MG」はアニメの設定画から持ってきたのだろうけどカトキハジメ監修が入っていないと微妙に違う所があったりする機体があるので作りたいと思えない。最近それでガッカリしたガンプラモがあるので。

因みに塗装がガンダムベース限定の「チタニウムフィニッシュ」「スペシャルコーティング」みたいな感じでアニメの設定と全然違うので 『MG Ver.Ka』  の塗装の見本にはならないかなと思ったら、墨入れが 黒のパーツはニュートラルグレイかな。 グレーのパーツはブラウン。 黄色のパーツはレッドでした。 クレオスの「色ノ源」と「光沢」「半光」ばかり集めていないで、タミヤのエナメルも 『MG Ver.Ka』 に使うやつが分かったやつから買ってしまおうかと。でもまだ 『MG Ver.Ka』は積みプラで楽しんでおきたいかなと。道具はそろったけど、障害持ちになってしまった状態では時間が掛かるのはしょうがないけど、自分が作りたいように完成させられる自信がない。 最初は1日2時間が限界だったけど今は平気で5時間は集中するようになった。大けがをしたところのリハビリになっている感じもあるし。 

 

 

漁港の肉子ちゃん

公開開始5日目のTOHOシネマズ池袋の13時45分の回をシネマイレージを利用して鑑賞。200人というか100人くらいが入る小屋は7割くらいの入りだったかな。俺より年上のおじさん、おばさんが殆ど。 ど真中の一番良い座席で鑑賞。

画力はあったし木村真二背景だったけど、シネスコサイズにした意味がわからない。解像度を落としてまでシネスコサイズにする意味が日本のアニメ映画にあるのかな?

思いっきり女性向けの作品。 主役は大竹しのぶじゃなくてその娘でした。

渡辺歩監督らしいつまらなくはないけど、特別面白くもない感じだったけどまあまあかな。『海獣の子供』よりもこっちの方が俺は好き。 『宇宙兄弟』は何だったのだろう。

EDが終わってからのラストのカットが要らなかった。明石家さんまは製作という立場なんだから出るべきではなし、自分が主演した映画を少しでも出すとかそこが残念だった。

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇 EVANGELION:3.0+1.01

新宿ピカデリー公開開始2日目? の18時10分の115÷2人位が入る新宿ピカデリーの中でも良い小屋で鑑賞。 ほぼ満席。初日に観ようとしたら全然席が取れなかった。新宿ピカデリーは入場者特典を2種配っているからなのか解像度が良いからなのか。今回が一番綺麗に観れた。「公式謹製36P冊子『EVA-EXTRA-EXTRA』」は無くなることはないくらい用意されているらしくIMAXで観たばかりだしもうちょっと経ってから観に行っても良かったかも。

忘れないうちにどのシーンが変わったのか分かるかなと思ったのですが、全然分かりませんでした。AパートからBパートの間が「EVANGELION:3.0+1.01」となっていたけど。 カヲルのラストで月のシーンが変わったような変わっていないような。

ミサトの目線で観るとすごく良い作品だと思ったけど、碇ゲンドウマダオ以上にマダオだなと思いました。
エヴァンゲリオン』 が終わるとロボットアニメは『ガンダム』と『マクロス』だけになるなあ。

 

「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択

公開開始2日目の新宿ピカデリーの15時50分の回を鑑賞。 メイン小屋のど真中の座席で鑑賞したのは初めてだったけど新宿ピカデリーの中でもやっぱり良い小屋ではない。悪くもないけど。 50代はもちろん60代、70代のおじいさんおばあさんが殆ど。俺が若かった。そしてなんと「新宿タイガー」が一番前の凄い観つらい席に座っていた。 総集編なのに前の方の変な席以外は埋まっていたから人気あるのね。

シリーズを観ていない人が観ても話が分かるのかなあ?  『宇宙戦艦ヤマト2199』の所は一度総集編になっているので短かったけど、深夜というか早朝というかTOKYO MX2で放送されている青汁のCMのような感じの総集編でした。 新作カットも最初の方に3DCGではなく作画で結構あったのだけど、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の総集編に入ってからが退屈。この間Blu-ray BOXを観たばかりなので。何が言いたいのか分からない説明セリフはすべてカットしていた。全体の話だけは分かっていたので分からなかった所を説明してほしかったのだけど。
宇宙戦艦ヤマト』の劇場版で一番つまらない 『2199 星巡る方舟』 はほとんど入っていませんでした。 変な所や訳が分からない所は使っていなかったのでまとまりは良かったのかなと。

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』 は前後編に分けるのかよ。まだまだ商売出来ると。 しかし制作はなんとProduction IGではなくサテライト。大丈夫なのかよと思ったけど予告を観た限りでは画は大丈夫そうだった。 

これビデオは買わないとダメなのかな? 今は欲しいという感じが全くしない。『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』 を観た後でいいかなと。

 

映画 さよなら私のクラマー First Touch

 

新宿バルト9の一番良い小屋の夕方割で鑑賞。 初日だからかもしれないけど意外に20人くらい入っていた。

劇場版はテレビアニメの中クラスぐらいの出来。ライデンフィルムではこれが精一杯かなと。 『うどんの国の金色毛鞠』 のスタッフが作っているとパンフレットを見てがっかりした。

 

テレビシリーズほどひどくはなかったけど、ライデンフィルムはもうアニメを作らなくて良いと思う。

 

 

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ DOLBY CINEMA™

 
 

めちゃめちゃ寝ていなかったけど今年一番楽しみにしていた映画なので眠気に負けることなく、丸の内ピカデリー ドルビーシネマの初日の朝一の回を鑑賞。半分の満席。 ドルビーシネマ小屋は初めてだったけど、「旧丸の内プラゼール」だった所を改装したのね。昔『メン・イン・ブラック2』の先行オールナイトを観に行った。今は無きSDDS8chだった記憶が。  真ん中の席だと観上げる感じが松竹小屋らしい。 大きい小屋ではなく映写距離とスクリーンの大きさは理想的。 音もIMAXよりも好みだったけど、池袋のドルビーアトモスの方が綺麗かも。

予告は一切流さずいきなり本編からはじまった。

黒が良く出るからなのか暗いシーンが観つらかった。

低音が綺麗に出ていたので木村絵里子ちゃんではこのサラウンドは無理。 ただ、あまりドルビーアトモスという感じがしない。上と後ろ強調して鳴っていたシーンは無かったと思うし、3次元サラウンドというよりは凄い綺麗な5.1chに聞こえた。 

 

MSの戦闘よりもキャラの芝居の方が印象に残る。 3DCGと作画の区別は分かるけど。モビルスーツは全体が良く見えないようにしていた。「Ξガンダム」と「ペーネロペ」も全体が見えないようになっていたし。 2回しかない2機の戦いを1回分描き切って終わった。かなり原作に忠実だったけど、次回からはオリジナルの何かを入れてくれないと2部作で終わってしまうような。

 

丸の内ピカデリードルビーシネマは物販がだめ。上映開始1時間前に行ったのに何も買えずに上映開始になってしまった。「HG 1/144 Ξガンダム」は早々と売り切れてしまっていたけど、そのうち家電販店で余裕で買えるようになるかなと。俺は買わないけど。 パンフレットを読むと 「Ξガンダム」 はカトキハジメ、玄馬宣彦、中谷誠一の3人、村瀬修功監督もチェックしているようで4人でデザインしている。「HGUC」で設定に忠実でない物を出してしまった以上は 「MG」 で3人のうちの誰かに設定画を作てもらうか 「ROBOT魂(Ka signature)」 で出してもうしかないかなと。  クリアプラモは好きではないの限定プラモも全く買う気はなかったけど、劇場限定Blu-rayも興味が持てず4K Ultra HD Blu-ray待ち。 今回は入場者特典は貰えたけど、欲しいと思う物がまた出るようであればもう一度観に行くかも。

 

美樹本晴彦様イラストにつられてリニューアル版小説は買わなくて良かった。「富野由悠季宇宙世紀」に小さくだけど載っていました。