機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM

 

 
割引時間に行ってきました。空いてました。
 
東京限定上映の加瀬充子監督の「大気圏突入」は、太った人達は直ぐに前の椅子を陣取っていましたが、後ろの方で立って観た方が良いです。 後ろと前にスクリーンがあるのでお席に座ってしまうと後ろのスクリーンは見えません。 この加瀬充子監督の今回の「ガンダム」も『GUNDAM THE RIDE ‐宇宙要塞A BAOA QU‐』や『ガンダム新体験 ‐0087‐ グリーンダイバーズ』のようにビデオにはならないんだろうなあ。3本まとめてBDにならないだろうか。
 
安彦良和ファン的には大満足。 この世で一番好きな画の実物をまた観ることができた。 原画もたくさん見れます。 劇場版が多かったかな。
 
未登場のレギュラー女の子キャラが初期設定に居たのを初めて知った。 なぜ出すのをやめてしまったのでしょう。
 
板野一郎様の原画はなかったかな。
 
機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』のポスターになっていた大河原邦男様の画と、当時劇場に貼られていた中村光毅様のポスターも展示されていてすごく懐かしかった。