ボンズ20周年記念展

 

 

これはひどい!! 遥々市ヶ谷まで1000円を捨てに行っただけだった。

 

東京国際アニメフェアの頃からボンズブースはひどく、仏頂面のむさいおっさんが一人で座っていただけというのが2年くらい連続であり、あのおやじなんかなぶり叩きにしてやりたいと昔も書いたけど、BONESは展示とか苦手なんだろうなあと。やらなきゃいいのに。

 

今回の『ボンズ20周年記念展』は生原画がしこたま見れるのかと期待していたら9割はコピーの展示。逢坂浩司原画だけちょびっとだけ観れたけど他に見る物はなかった。1000円払って5分もしないで出てきたらチケットを売っていたお姉ちゃんが驚いていた。

 

記念書籍は村木靖様のお言葉が載っていないという驚き。 しかし河森正治様のインタビューがちょこっとだけだけど載っていたの救われた。 しかしこの記念書籍はアニメイトでも買えるとかでアニメイトで買えばよかったと思った。

 

BONESのピークは『鋼の錬金術師』でその後は大した作品はなく『エウレカセブン』は無理やり作っている感じがするし、30周年は寂しい30周年になりそうな予感がする。今回のような展示会はやらない方がいいと思う。

 

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』と『キャプテン・アース』のBlu-ray BOXは出ないのだろうか。