少女革命ウテナ Blu-ray BOX

 

 

6年半以上使ったパナソニックのDIGAのBD-Rダビングが出来なくなってしまったので買い変え。以前のやつは保証中に3回直してもダメだったけど今回のは結構持ったなあ。BD-Rの録画が一番組出来なくなってしまったけど。富野様が出ていた番組だったのに。

新しく買ったディーガは機能はほとんど変わらないけど、値段が2万円くらい安くなって、スマートホンに移しやすくなってSDカードが装着出来なくなった。 スマートホン、何を買ったらいいのか全然決まらないよぉ。携帯電話はやめて小さいタブレットでいいような気がしてきている。

 

それとアニメの「原画解像度変換が無くなってしまった。録画した物で使ったことはないけど少女革命ウテナ』のBlu-rayで大活躍してくれた。 自分がもっているBlu-rayで一番画質が悪い。キングレコードの作品でもっと悪いやつがあるらしいけど。 原画解像度変換が無くなってしまったら観れたもんじゃない。と、思ったらDP-UB9000にもっと細かく調整できる機能があって救われた。

 

画質は悪いし、変なリマスターをしているし、途中からつまらなくなって最後の最後は訳が分からんし、劇場版はつまらないので手放そうか迷っていたのだけど、久々に観たらやっぱり上巻はおもしろい。下巻だけ手放すのはなんか違うような気がする。 2年前に発売されたBOXはどんな画質なのか分からないが、放送の時に安く作って後から変に手を入れても余計ひどくなっただけで。最初のDVDのマスターをアップコンバートするか、SD画のままBlu-ray2、3枚くらい+劇場版で十分だった。

 

音はやや大きめに入っていてDTS-HD Master Audio 5.1chでも入っているけどリニアPCM STEREOでしか鑑賞したことがない。

 

手放すのはもったいないと思えたけど、それはDP-UB9000で観れるから。 アニメのBlu-rayは「マスターグレードビデオコーディング」と「HDR10+」と「解像感」があるパナソニックで観るしかなくなった。 でも、家電はシャープが寿命が長くていいのだけど、シャープってアニオタのブランドじゃないんだよなあ。