劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring song

公開開始2日目のバルト9の16時05分の回を鑑賞。250÷2人位が入る小屋で20代から40代の野郎達と女性もちょっといたかなで8割くらい入っていた。 シアター8の上映を狙うのはメイン小屋のシアター9はフロントスピーカーの高音が高過ぎてセリフが違う声に聞こえるし画面はでかくても解像度が低いので、シアター8がマイベスト。まだ35ミリ映写機は置いてあるのかなあ? シアター5は最近は聞かないけど上映ミスが昔は何回かあったらしく、『宇宙ショーへようこそ』で自分も犠牲者になったのでちょっと怖い。 

パンフレットは無事に買えて良かった。まだ余裕で売っていた。
 
アクション多め。 そしてサブウーファーがかなり鳴っていた。サラウンドスピーカーは目立った活躍がなかったのは残念だった。

だがしかし、途中中盤のイリアの回想から話がちんぷんかんぷんになり、そのままEDまで行って終わってしまった。 今回もパンフレットが入場者プレゼントであればもう一度観に行くし、Blu-rayも買うけど、たぶん何回観ても一生分からないと思う。 何回も観せるようにするためにわざと分からなくしたのか、単純に脚本がダメだったのか。

今後の『Fate/stay night』 はどうするのだろう? 1作目があまり面白くなかったけどユニバーサルはBlu-rayの再販を値段を下げてしてほしい。 ufotableアニプレックスのためにリメイクするのだろうか?