映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

公開開始2日目の新宿ピカデリーの16時55分の回を鑑賞。 『ラブライブ!』の監督の作品なのでラブライバーもたくさん観に来ていると思ったら、115÷2人位が入る小屋は4割くらいの入り。親子が殆どでラブライバーはいたのかなあ?いても1人か2人。

新宿ピカデリーの中でも気に入っている小屋の上映を狙って観に行ったのだけど、サブウーファーがかなり鳴っていた。サラウンドスピーカはあまり鳴っていなかったような。
ホームシアターを一人で楽しむ人はセンタースピーカーは要らないというを最近になってネットで聞くようになったけど、これを観たらそれは大嘘だというのが分かった。FRからFCにセリフが移動しそこからFLに移って鳴るカットはフロント2本では無理。仮想の音は仮想の音にしか聞こえないし。
5.1chだったけどBlu-rayはたぶん6.1chなんだろうなあ。

『映画クレヨンしんちゃん』に出てくるななこお姉さんは悪の道に走ってそのままで終わるというのを2作観たけど、今回はちゃんとテレビに出てくるななこお姉さん。 だけど『映画クレヨンしんちゃん』の町の大人は自分のことしか考えていないのが毎回多いなあ。

京極尚彦監督の作品だけあってお得意の3DCGライブもあるけど、最初から最後までフルに作ったのだろうけど観る人が退屈すると思われたのか途中で切られてしまったような。

残念なのが脚本はすごく良かったのだと思うけど、しんのすけが描いた落書き3匹はもっと心に突き刺さる最後に出来たような。それができていればかなりの名作になったのに。

ビデオでほしいとは今は思っていないけど、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』は早く4K Ultra HD Blu-rayになれ。これは本当に一番最初は映画館で観るべきだった。

いつもは次回作の予告はしないけど今回はあった。来年にやる気だよ。『劇場版 名探偵コナン』のように1回休むと勝手に思っていた。