精霊の守り人 Blu-ray BOX 初回限定版

 

 

amazonで発売日に買ったのだけど、最初に見たのはレンタルDVD。神山健治監督も面白い作品作れるじゃんと初めて思った作品。

 

画のビットレートは高い円盤と、話数が多く入っている円盤は低いけど、720iだったのがもったいない。プラズマテレビでは気づけなかったけど結構色がしっかり出ている。バンディングは気になるけど。 ジャギーは頑張っているのが見えるけどかなり押さえられている。

5.1chでしか観たことがないけど、買った時に観た時はさすが若林和弘音響だと思ったけど、今は良いサラウンドのアニメが増えたせいか今回観たらテレビアニメの5.1chにしては良い方だけど最初に観た時よりも興奮できなかった。 因みにポストプロダクションはキュー・テック。これが発売された時はまだFORSはなかったのね。

 

何回も観ているけど毎回面白く観れる。気分が悪い時に観ると気分が良くなるアニメと、気分が悪い時に観ても何も楽しめないアニメがあるけど『精霊の守り人』は気分が悪い時に観るにはもってこいな作品。

 

神山監督は衛星アニメが始まり出したら衛星アニメをやらされ、3D立体視が始まったらやらされ、ペンタブ原画が使えそうだと思われたらやらされ、今は定額制動画配信サービスをやらされて、かなりProduction I.Gのために働かされているという印象。 渋谷で一度目と鼻の先で見たことがあるけど、押井守監督にサインを貰うのに必死で神山監督にまで貰うことは出来なかった。『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』のDVDのメイキングを観た時に他人に厳しいのかなという印象をもったのだけど、凄く良さそうな人だった。

 

原作はまだまだ続きがあるのに作られないのはもったいないねえ。続編作りが苦手なProduction I.Gからしょうがない。『ハイキュー!!』はなんでスタッフを変えてしまったのだろう? 『攻殻機動隊』は落ち着きがないし。『PSYCHO-PASS サイコパス』はさすがに今度で終わるのかな? 作るのか知らないけど。