サイダーのように言葉が湧き上がる

新宿ピカデリーの初日の19時20分のメイン小屋の回を鑑賞。 メイン小屋のど真中の座席ゲット。でも、やっぱり良い小屋じゃない。 初日なのにあまり入っていなくて1年以上宣伝してきたのは何だったのでしょう。 20代後半から60代が30人位入っていたかな。

『「フライングドッグ」の設立10周年記念作品』 と大きく出してきたけど、フライングドックの10年ってこんなもんだったな程度の作品でした。
イシグロキョウヘイ と 佐藤大 の作品だから2人とも画には恵まれるのだけど、画に合うほどの面白さははないのは今回もだろうと期待していなかったら、つまらなくはなかった。 作品とタイトルが殆ど合っていないよな気がするけど。

パンフレットを観る前に買ったらデカくて高くて迷惑だと思たけど、観終えた後はこれは良いと思えた。