ARIA The BENEDIZIONE


初日の新宿ピカデリーのメイン小屋で鑑賞。3割くらいの入り。30代から40代の男が殆ど。女性が少々。 最後の 『ARIA』 なのに全然盛り上がっていないのは気のせいではなかった。

流れる前にパンフレットの佐藤順一監督の対談を読んでいたら、3部作? の完結でまだ作りたいようなことが載っていた。これ「2本目じゃん」と思ったけど 『ARIA The AVVENIRE』 も含めて3部作ということになったらしく、最後にみんな勢ぞろいみたいに終わったので、こんなに人気が無くなったんじゃ今回で完結してしまうような。

新キャラに島本須美様が入ってきりで前作よりは楽しめたかな。 最初にアニメ映画らしい背景を見せて、バストショットが多い気もしたけどキャラ画もドでかいスクリーンに負けない画が描かれていたし、J.C.STAFFが作ったアニメ映画では中編だけど合格な方じゃないかな。

あまんちゅ!』 のアニメが中途半端に終わってしまったのは残念。『ARIA』のように劇場版で最後を締めるということはしないのね。