Theme song of Tales -25th Anniversary Opening movie Collection– Blu-ray

amazonから発売日の1日過ぎに到着。

ポストプロダクションはキュー・テック。
当時の最先端技術でProduction I.Gが作った420iの解像度の動画も30ビットレートを下回らないように60iで収録。 PSでは貧乏ビスタだった画もアップコンバートをしていた。ジャギーはどうしても見えるけど。 『テイルズ オブ イノセンス R』から720iに進化していた。

デジタル撮影でアニメを作り出したのは I.Gが一番最初なのかな? たぶん 『テイルズ オブ シリーズ』 が初めてで、スタジオジブリが 『千と千尋の神隠し』 でデジタル映写まで定着させたような。 ビデオはGONZOの『青の6号』 か 『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 PSゲームソフト版』LD  のどちらかだと。 
フィルムからデジタルに変わったのが良いことなのかは日本のアニメはその前に16ミリフィルム撮影をしてそれをビデオ素材にしてから完成にまでもっていっていた最悪な時期があったからそれよりは良いような。 デジタルだと30年マスターテープが持たなということでお釈迦になる前にお金がかかろうがマスターテープをオリジナルと同じに作るか、消耗品にしてしまうか。 スタジオジブリと『映画大好きポポンさん』がやったデジタルで完成させたアニメをネガフィルムにするというのは俺は違うと思っている。

音は1.5ビットレート


いのまたテイルズはやっとことがあったのだけど 『テイルズ オブ』シリーズに嵌ったのは 『テイルズ オブ ヴェスペリア 〜The First Strike〜』 を観に行ってからかな。 その後の 『テイルズ オブ グレイセス』 で I.Gテイルズは終わってしまったけど。  『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』のアニメがつまらなかったし、PS4を買わなかったしでそれ以来気にならないシリーズになってしまったけど、『テイルズ オブ シリーズ』 をBlu-ray1枚にまとめてくれたのは個人的に良かったような、OPだけでなくアニメパートも入れてほしかった。