『GUNDAM SPECIAL MOVIE FOR LOVERS』を観に行ったついでにガンダムベース東京

ガンダムUC TWC」 は今日もキンキラキンに光っていたけど、楽しみにしていた『GUNDAM SPECIAL MOVIE FOR LOVERS』 はわざわざ観に行かなくて良かった。 『機動戦士ガンダムNT』 に入っていた挿入歌に今までのガンダムの映像をかき集めただけで。 『機動戦士ガンダム UC ペルフェクティビリティ』 はBlu-rayで観れるし 『翔べ!ガンダム 2017』 が今の所一番観に行く価値があるかなと。と、言うか、そろそろBlu-rayにしても良いのでは。今までのイベントやアトラクションやゲームの映像をまとめたBlu-rayサンライズ様1枚にまとめて出してください。2枚でもいいけど。

50人位いたけど、始まる前に『機動戦士ガンダム』のテレビシリーズのOPを歌っていた幼児がいたのにはおどろいた。 もっと驚いたのが ユニコーンガンダムとはまったく関係がない 「METAL BUILD」 が定価で販売していた。そいつは近々。

 

ガンダムベース東京は17時過ぎに行ったら15分くらいで入場ができました。昨日と今日は凄かったらしいけど、俺は全然欲しくないんだけどMGの「ジムスナイパーカスタム」を買っている人が殆どだった。誰がリデザインした分からない「ジムスナイパーカスタム」なんてよく作りたいと思うなあ。「1/144」は小学生の時に作りました。隙間も消したし筆塗りで全塗装。 「MG ガンダムベース限定 ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka [クリアカラー]」 も売れていたのかな? この間までヨドバシカメラに本物がいっぱい売っていたけど。

 

見たかった完成見本でしっかり見ることが出来たのは 『MG 1/100 トールギスF EW』 だけ。  『PG ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ』 はまだ展示されていなかった。 あとは素組にガンダムマーカーで墨入れをしてトップコートを吹いただけの観る価値全くなし展示にがっかり。

俺が苦手な 「ガンダムホビーライフ」 に載った体もいくつも展示されていたけど、素通りしようとしたら一つ凄いスジボリが目に留まった。

これは「MG ガンキャノン」にかなり手を入れたやつなんだけど、曲線で0.05mmでここま綺麗なスジボリをどうやって入れることが出来たのだろう? カンナでやったらカンナが折れるだろうし、ケガキ針やスジ彫りヤスリの線ではなくカンナの線。 わざわざパーツを分割して裏からプラバンを貼ってその時に0.05mmのラインになるようにしたのかなぁ? 答えは出なかったけどここだけで30分くらい見ていました。

 

ガンダムベースに行ったらガンダムベース限定物を必ず買う人って人として、一人の男としてどうなのと思うのだけど、買ってしまった。今回も買ってしまいました。

袋のデザインが新しくなりました。「GUNDAM BASE JAPAN」と記載されている。 北京や台湾のガンダムベースはどんな袋なのだろう? 韓国に一番ガンダムベースがあるようだけどよく撤退しないなあ。日本製品は買わない国なのに。

ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』 のMSのイラストを見るとどう塗たら良いのか分からないよ。つや消しでは絶対にないね。パールのようなメタルのような輝きをどうしたら良いのか。

 

『MG ガンダムヴァーチェ』もたくさん売っていましたが来年中にヨドバシカメラで買えるようになると思ったのでやめました。デカかったし。 代わりではないけど

「1/100 セラヴィーガンダム デザイナーズ」を買いました。これはもう家電販店での販売はないでしょ。