安彦良和/機動戦士ガンダム THE ORIGIN展 前期

開催の次の日、11時くらいに「ところざわサクラタウン」に到着。

駅から歩いて行くとマンホールが幾つか。

 

 

展示もされていたけど。

 

 

混んでもなく、空いてもいない状態で、八王子に観に行った 『安彦良和原画展』 よりもじっくり見るのはちょっと無理でした。

写真撮影がよしとされているので携帯のカメラで片っ端から取りまくっている人がいたけど、画をじっくり見て、後で図録を観た方が良いのではと。

安彦良和漫画は本当に紙で読むものだと。デジタル書籍のカラー化は安彦さんが紙で出してほしいと言った以上は興味なし。

一度観ている画も何枚も展示されていたけど、何回見ても凄い。やっぱりもっとじっくり見たかった。

 

「HG 安彦良和/機動戦士ガンダム THE ORIGIN展 Edition」を求める転売ヤーはいなかったような。プラモデルを持っていた人は少なかった。 この「HGガンダム」はカトキハジメ監修ではないのでこんな機会でもなければ欲しいと思わなかった。 セイラとスレッガーが乗った「ジム」はプラモデルにならないんだろうなあ。 智恵理制作の『ポートレート・オブ・オリジン』は今回も展示されているかと期待したらされていませんでした。「MS」もされていませんでした。

 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN』 とは関係ないけど見たかった画も。

富野由悠季監督と大河原邦男様はまだ来ていなかった。