グッバイ、ドン・グリーズ!

初日のTOHOシネマズ池袋の315人位が入るスピーカーを良いやつを使っている小屋で鑑賞。8人しか入っていなかった。女性が2人。あとはおじさん。 因みに行く時にマッドハウスの前を通りました。

 

宇宙よりも遠い場所』のスタッフの作品と宣伝していたけど、脚本は花田十輝様ではなく、いしづかあつこ監督。 女っ気がとにかく少ない作品。

背景はかなりアニメ映画。3ⅮCGの使い方も上手かったけど、EDでは邪魔なだけでした。 背景にキャラ画が負けているんじゃないかと思ったけど負けてはいなかったけど、画の芝居がちょっと抵抗を感じる所があった。

感動が出来ないように編集をしたのか絵コンテの段階でそうしたのか分からないけど、なんかもったいない話の見せ方。もうちょっと良い作品に出来たような気がする。

2回目の方が楽しめるかもしれないけど、今の気持ちは1回観れば十分かなと。