安彦良和/機動戦士ガンダム THE ORIGIN展 後期

期待したほど空いてはいなかったけど今回はじっくり見てきました。

 

ガルマとシャアのイラストを見て反省しました。「袖付き」のプラモを塗るというかエナメルをガイアノーツのフィニッシュマスターでふき取る時に 「めんどくせい、めんどくせい」と自然に口にしながら拭き取っていたけど、ジオンの制服の襟と袖が細かくそしてゴールドに見えるのはなんでだったのだろう。

 

安彦さん画はかなりパワーがあるので1時間したら頭が痛くなってしまった。

 

後期の展示が前期とどう変わったのか分かりませんでした。 「オリジン」のガレキが観れるようになるのではと期待していたけど全然全く。 因みに安彦さんラインはプラモデルでは無理。 1週間で作ったガンダムは完成してから3日後に盾を持っている方の腕が自然に取れてそのまま倒れたらしくサフも取れてレンジが見えるくらいのデカい傷が。高かったのに。その他のMSも全部買ったのだけど、一生ガレキは作りたくないと思ったので手放しました。 「智恵理原型ポートレート・オブ・オリジン」は目が書けないの買いませんでした。ガレキはなんで瞳デカールを付けてくれないのだろう?

 

「HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII 赤い彗星Ver. 安彦良和機動戦士ガンダム THE ORIGIN展 Edition」 も盾に付けるシールは水転写デカールではなくただのシールなので貼らないことにしました。 「HG 1/144 MS-06S シャア専用ザクII 」 は板野一郎演出バーションを持っているのでこれは簡単に作っちゃおうかなと。脇の所はエバーグリーンとラッカーパテで埋めてしまい、スジボリもやらないでガイドになっている所は切り落として終わりに。安彦さんの画にザクの脇はカトキハジメデザインのように情報量が多くなっていないから。 クラッシャージョウカラーのミディアムレッドとダークグレーをメインに、下地はニュートラルグレーのⅡとⅣで塗り分けて簡単に塗ろうかなと。

かなり大河原邦男▽が描かれていることに気づきました。大河原邦男▽だけのデカールが出て欲しい。使い道は凄いあると思う。

 

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』  に ガンキャノン と ジム と コア・ブースター が出ることが発表されたけどバンダイスピリッツはプラモ出さない気かなあ? 出るのならもう発表しても良さそうなものだがまあ、発売されても1年は買えないでしょう。

 

富野由悠季監督と大河原邦男様はまだ来ていませんでした。 庵野秀明監督と板野一郎様は来ていても良さそうなもんだと思いました。