銀河鉄道999 THE MOVIE 4KリマスターBOX

amazonから発売日に到着。あまり良いとは言えない梱包。

デカ!! そして重い。
特典はとりあえず置いておいて 4K ULTRA HD Blu-ray の「4:3」の貧乏ビスタではない方を鑑賞。 もう、これが観れれば後は要らないと思ってしまった。
丸の内ピカデリードルビーシネマで観た時は気にならなかったけど、UHDで観るとセル画を35mmフィルムに撮影した感じが若干観取れる。個人的はもうちょっとフィルムグレインを残してくれた方のが好みだったけど。 因みにドルビービジョンではなくHDR10で収録。プレーヤーが12bitにしてくれるのだけど。

凄いのがやっぱりサラウンド。オリジナル音声がモノラルだったのを良くここまでドルビーアトモスに出来たなと。サラウンドをいじったアニメ映画はいじった方を観るのは最初だけであとはオリジナル音声でしか観ないけど 『銀河鉄道999』 と 『さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-』 はドルビーアトモスで今後も観ます。  情けないことにまだ5.1.2chでしか観れない状態。やっぱりトップスピーカーは4本じゃないと。 

どちらのパッケージも通常版と全く同じだけど、3枚入りとは記載しないでなかなか上手く裏の表示を記載していた。

IMAX Enhanced」がUHD BDになっていたらIMAXでも観たかった 『銀河鉄道999 THE MOVIE 4K』 でございました。