魔法科高校の劣等生 石田可奈画集(2)

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』のキービジュアルを最初に観たころは石田可奈イラスト画に惹かれたほどではなかったけど、『魔法科高校の劣等生 来訪者編』のビデオの1巻のジャケットイラストから凄い良くなったと。この画集には載っていないかなと思ったら載っていました。 一枚の画にキャラが多いと何かが良くない感じがするけど。

 

タブレットで書いたのかPhotoshopで書いたのかどちらも使っているのか全然分からないけど、デジタル画なので電子書籍で買おうとしたのだけど、印刷した画を電子書籍にしたような感じにサンプルは見えたのでそれでも電子書籍の方が綺麗なのか本の方が良いのか分からなくて混乱してしまったので買わないでいたら買うのをすっかり忘れてしまった。ジュンク堂池袋に行ったらムック売り場の奥の方にいたので 「買わなくては!」 と、思ってヨドバシ.comで購入。1日かからないで届きました。 これは本で正解だったような気がするけど他の画集がどうなのか分からないなあ。デジタル素材を100%で見れるという時代にはなっていないような。いつ観れなくなるか分からない不安からは100%解放させるのはかなり大きい。

KADOKAWAの本ですが編集は株式会社ストレートエッジという会社がやっていて、見開きで1枚の画が10枚以上もありでダメ会社。KADOKAWAはこんな会社に安彦良和様の画集を絶対にまかせないでくれよ。

 

この画集が出るのは偶然知ったのだけど、アニメ情報サイトでは画集やムックの発売日の記事ってほとんど出ないのよね。なぜでしょう。

 

いのまたむつみ様もすべてかどうかは分からないけどデジタルで書くようになっちゃったのよね。1枚のイラストに凄い時間と金をかけている感じが無くて裸のお姉ちゃんからおばちゃんがたくさん書かれていたのだけどなんか寂しかった。