劇場版 異世界かるてっと ~あなざーわーるど~

TOHOウェンズデイを利用してTOHOシネマズ池袋で鑑賞。値引き料金としては初日なので20人以上入っていた。女性も3割くらいいました。20代後半から70代と観に来ている年齢の幅が広いけど40代のおっさんが一番多かったような。まあ、俺も40代のおっさんなんだけど。

角川ANIMATION配給なのにグランドシネマサンシャインで流さなかったのは『劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ Licht 名前の無い少女』と『グッバイ、ドン・グリーズ!』もTOHOシネマズ池袋で流したから怒って縁を切ったのかなぁ? 角川ANIMATION配給アニメ映画は角川シネマ新宿シネマサンシャイン池袋がずっとヘッド館だったのに。 EJアニメシアター新宿の方が全然近くて便利なのだけど館長がバカなのでここでしか観れないアニメ映画以外は行きません。

 

Flashアニメでよいのかなぁ? FlashアニメはCGアニメだと思うので作画アニメの監督が監督でなければ観なくて良いのだけど、テレビシリーズが面白かったので気になってしまったので観に行ってしまった。

それと声優の演技を期待して観に行ったという感じがある。テレビシリーズを観ていた人ならどういうことなのか分かると思うけど。 声優の演技がオリジナルのままなのももちろん、脚本が良かったのかキャラの特徴がしっかり表現されていて凄く上手く5作のKADOKAWAアニメを混ぜたなと。

 

2時間もやるのはFlashアニメでは長過ぎだろと観る前は思っていたのですが話もドラマもしっかりしていて全然最初から最後まで観れてしまいました。 『ジャスティス・リーグ』よりは面白いんじゃないかなとも予想していたのですが、『アベンジャーズ』よりも全然楽しめたし面白かった。 帰りにマッドハウスの前を通った時に『オーバーロード』よりも面白かったぞ! と、思ってしまいました。 脇キャラの特徴もしっかり描かれているのが『異世界かるてっと』の面白さの1つ。元になっている作品を観ていても意識しないような、癖を感じていないようなキャラでもこういう特徴がこのキャラはあるあると思ってしまったり。 やっぱり脚本が良いのと声優の演技の作品だなと。

 

一つ残念だったのは音響監督が明田川仁様なので低音がかなり鳴っているけど、めぐみんの爆裂魔法が『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』よりも弱くてそこだけ残念だった。