劇場版 Gのレコンギスタ IV 激闘に叫ぶ愛

年甲斐もなく楽しみ過ぎて3時間しか寝れないで新宿ピカデリーの初日の300人くらいが入る小屋で鑑賞。8割くらいの入り。20代後半から60代のおっさんだらけだったけど30代のおねえさんも数人いました。

今回は 『ガンダム Gのレコンギスタ』 の第19話から第22話までかな? 最初の5分くらいは観たシーンだったけどそこから先は殆ど新作カットだったような。どのシーンがテレビシリーズのカットだったのかちょっとしか分かりませんでした。 そして戦闘シーンが多い。寝ていなくても全然眠くなりません。
今までで一番面白かった。

観終わった後はプラモが作りたくなった。前作はプラモにならなかった 「レックスノー」 が作りたくなったけど今回は 「グリモア」 と 「G-ルシファー」が作りたくなった。 ですがEDロールを観てもバンダイスピリッツの名がなかったので「HG ガンダム Gのレコンギスタ」の再販は無いのでしょう。
変形シーンはなかったけどなんと、あきらめていた 「G-アルケイン」 の飛行形が出てきました。 

残念だったのがパンフレットがバンダイナムコフィルムが大好きな軟弱ピュアパックでビニ本にされておりました。