With Fans! GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 草薙素子 1/4スケール

どれだけデカいか不安だったけど、買ってしまいました。「ユニコーンガンダム」のPGの一番多きやつを持っているけど、それの1.5倍。

転売で13万くらいから15万近くの値で買ってしまった方、予約しないでかなり後で買ったのに定価で買ってしまってごめんなさい。 

 

 

これを仕舞える箱なんて売っていないので中国からやってきた段ボールも大事に取っておかないとダメ。段ボールってゴキブリが好きな場になるので年に二回は空けないとダメかな。可塑剤の溶出も気になるので。

 

段ボールを開けるとこんな感じです。 

 

段ボールから出すのに15キロくらいあるのかなあ? まあ、お仕事柄全然余裕の重さなのでビニール袋を持ち上げるとゆっくりスルスルと降りて行ってくれます。

 

さらに箱を開けるとこんな感じです。

 

 1/4スケールだとちょっとフィギュアからマネキンに近づいている感じ。 でも、期待していた 『30MS』『メガミデバイス アリス・ギア・アイギス』の地肌パーツのグラデーションをどう塗ったら良いのだろう? の見本には最高じゃないかなと。ここまではやる必要もないような気もするけどその前にすぐに身に付くような塗り方ではないね。

残念なのが髪の毛。グラデーションとは言えないような塗り方だったけど、3色くらいでがっちりやったら 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』 のメインビジュアルとは違くなっちゃうような気がいたしました。

多分一生塗ることはないだろう目が素晴らしい。 モデルカステンの「粘膜クリアー」が話題になっていますが何に使うの分からなかったけどここに使うのかというのもわかりました。  1/4スケールでこのまつ毛の細さ。1/8や 1/6スケールでは無理でしょ。ゴットハンドからちっこいくせに激高い筆が出ているけどあれで塗れるのかなぁ? まあ俺には目を塗るのは一生縁がないでしょう。俺には水転写デカールで十分です。水転写デカール最高です。小学校5年の時にツクダホビーナウシカの目を塗ったことがあるけど誰ちゃん?状態で完成としました。

 

中身はこんな感じです。

で、ここまでで終わりたいと思います。 全くエロくないのだけど、ここから先を載せたらはてなブログ禁止になるかもしれないので。 股がどうなっているかは買った人だけ分かれば良いと思います。それでは股お会いいたしましょう。