モビルスーツ全集 機動戦士ガンダムSEED

 

「グレートメカニック」からのムックでこっちは必要ないかなと思っていて集めていなかったのだけど、『機動戦士ガンダムSEED』のBlu-ray BOXがあまりにも進まないので大河原邦男様の設定画でも見たら観る気が起きるのではと思って購入。

「グレートメカニック」らしいアニメのムックとしてのMS資料集でした。プラモと魂ネイションには興味が無いけどMSは覚えておきたいという人向け。HPの画よりもしっかり見れる。 でも「HG」の参考資料にはかなり良いかなと。

「MG」「FULL MECHANICS」の阿久津順一様のデザインの参考資料にはならない。 それどころか 『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』 のMSも載っていたけどなぜか途中からカラーではなく白黒。設定画ではなくただの白黒。 やっぱり「グレートメカニック」はアニメファン向けの本だなと思いやんした。

逆に 「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」シリーズ の「HG」を作りたくなってしまった。緑とかゴールドの「HG」はガンダムベースに行かないと売っていないけど。 プレミアムバンダイ限定で発売された緑とゴールドの「RG」は阿久津順一様の監修は入っていないだろうけど間接的には入っていると思うので再販されるのか分からないけどそっちの方が良いかなあ? 「RG」は疲労度がかなりある割には出来上がったものは「HG」より情報量が少しばかりあるな。なので設定画に近い機が多い「HG」の方が好きかな。