ガンプラカタログ2023年版

ローソンの前を通ると「WF2023」のチケット売ってます。の広告が貼られている。久々に行きたいと思ったけど今の所行けそうにない。

 

出戻りモデラったら、放送されていた当時はプラモ売り場に行っても殆ど見向きもしなかったけど、Blu-ray BOXで一気見したせいもあってまさか爺になる年になってから嵌るとは思わなかったWAVE1/35。失敗も結構やっているけどウェザリングに逃げれられるのが良い。流し込みSPを使ったら関節が動かなくなったのはどうにもならなかったけど。設定画を見ながらべた塗りするの方がかっこ良く出来ない。

 

こんなのいらないよ。と、思ったけど、時間が経ったら欲しくなった。その前にこのシリーズ買えるようになってくれよ。全然買えないよ! お店で売っている所なんて3回しか見たことがない。

 

かなり早目に出たような。ガンプラブームで前回のやつが買えない状態だからかな。で、当たり前だけど重くなった。

新しいやつは殆ど素組みたいな完成品なので面白くもなんともなかったけど、楽しめる所はときた光一ページぐらいだった。2年かけて開発をしているということは『閃光のハサウェイ サン オブ ブライト』に出てくる「Ξガンダム第2形態」はデザインは出来ていて製品開発中くらいなのかなあ? 『劇場版 ガンダムSEED』はHGCEだけで何体出るのでしょう? 

 

エロマンガ先生 Blu-ray Disc BOX

楽天ブックスから発売日の1日前に到着。

キュー・テックがポストプロダクション。1枚に6話か2話入り。ビットレートは高く、ジャギーが気になった所はなかったけどカラーバンティングは全体を意識してしまうと見えるの所もあります。

ステレオは2.3ビットレートでしたが低域、高域が目立って活躍した所はなかった。

第6話が面白ピークであとの話はいまいちだったと記憶していたら再放送を8話まで観ても面白かったのでそこで放送を観るのをやめてBlu-ray BOXをポチり。でもやっぱり第6話が一番面白かったけど。

キャラ画が良い演技をするカットが多いとBlu-rayで気づけた。

残りの話がどの位あったのか分からいけどこれで途中で終わりってもったいないような。OVA第2話のEDでこれで終わりです感はあったような。

 

#機動戦士ガンダム #閃光のハサウェイ TVエディション 4/4   ひろがるスカイ!#プリキュア 第1話

ヨドバシカメラで普通に買えるようになってきた2体。金型がダメになってくる前に思い切って買ってしまいました。

HGUC 1/144 ペーネロペ」は昼のシーンに出ていないので色が分からないけどアニメの設定画に近い感じで塗ろうかなと。フライト・フォーム形態にはなってほしいけどオデュッセウスガンダムとフィックスド・フライトは分離したシーンがなかったので2つが分割しない作りで良いと思っております。

HGUC 1/144 クスィーガンダム」はアニメ版ではないので設定画を参考にするのはやめて、墨入れは「GUNDAM FIX FIGURATION」を参考にしてパープル、オレンジ、グレーかブラウンの三色かなと。カトキデザインデカールがあれば貼りたかったけど1/144は持っていないので貼らないことに。ガンダムデカール以外のマーキングを貼るのは絶対にいやだし、ガンダムデカールの中でも「使えないじゃんこれ」というのも半分以上あるけど取っておいてもバンダイデカールの寿命は短いので捨ててしまおうかと。

 

これの出番は少ないような予感が。第3形態が絶対に待ち構えている。

ヨドバシ.comに予約しておいた「HG 水星の魔女」3体が届かない。そのうち2体は在庫が足らなくなったのでキャンセルさせてと言ってきたらそれで良いですというくらい本編に出てこなかった2体。 

 

・ひろがるスカイ!プリキュア 1

春の『劇場版プリキュア』は完全に滅んだんだろうなあ。

OPとEDとバンクシーンは良かったけど、第1話であの程度の線に力がない感じでは

『トロピカル〜ジュ!プリキュア』『デリシャスパーティ♡プリキュア』くらい観れない『プリキュア』新作なのでしょう。

 

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ TVエディション 4

『サン オブ ブライト』の情報がちょっとくらい出るのかとおもって期待したから観たら、全然じゃん。 今年は『機動戦士ガンダム』の映画1本もなしかい。

館で観た時よりも戦闘シーンが観やすかったような気がしましたが、4K Ultra HD Blu-rayで観慣れてしまっているので迫力を全然感じなかった。

 

KOTOBUKIYA秋葉原に「アリス・ギア・アイギス メガミデバイス」の同人誌を買いに。

今日の秋葉原も混んでいました。

全然先に進まない「アリス・ギア・アイギス メガミデバイス 小芦睦海」を塗る意欲を奮い立たせるための何かが展示されているだろうと期待していたら、全部素組。そんなの展示していたってバカでも出来るじゃん。秋葉原KOTOBUKIYAつまらなかった。

 

ヨドバシAkibaで「ガンダムホビーライフ021」に載っているガンプラ達が展示されていましたが、

POOH熊谷制作の「GN-002 ガンダムデュメナス」がかっこ良かった。北の国のスケールモデラーのイメージが強かったけどガンプラも作れるのね。「METAL BUILDガンダムデュナメス&デヴァイズデュナメス」をこのくらいやってほしかった。

 

TAMASHII NATIONS TOKYOにも行って見てきましたが全然楽しめなかった。特撮、ハリウッド映画から気持ちが離れているからだけど、集めているシリーズではないのよね。

 

ボークス秋葉原ホビー天国2とラジオ会館で一般モデラーの展示を見ていたら「V・サイレン [ネプチューン]」と「MG 1/100 RGZ-95 リゼル」がかっこ良いと知った。

 

鬼滅の刃 上弦集結、そして刀鍛冶の里へ 4K 7.1ch

初日のグランドシネマサンシャイン池袋で鑑賞。

IMAXで観なくて全然良い。 だけど、ドルビーアトモスはすでに出来ている状態らしく、今回のDCPは東京現像所でやったようですが多分イマジカでドルビーシネマ版作っているのかもう出きているのでしょう。

第十話は楽しめたけど、第十一話と「刀鍛冶の里へ」はデカイスクリーンで観るような作品ではなかったような。上弦の紹介シーンはスクリーンに耐えられるけど。

6.1chみたいな7.1chだなと思いながら観ていたら、「刀鍛冶の里へ」からバリバリの7.1ch。IMAXで観た方が損。ドルビーシネマも殆ど7.1chだと思うけど入場者特典が良かったら観に行きます。

1作目の劇場版ほどではないけど空いていた。ぼっちざおばさんが2/3。20代前半の女の子とぼっちざおじさんが同じくらい。

パンフレットは声優のインタビューが豊富で、日本映画の1番の監督のインタビューは載っていませんでした。顔出しするのが嫌いな監督なのかなあ?

 

ホビージャパン ヴィンテージ Vol.9

ホビージャパンからいろいろ発売されたけど、やっぱりこれを買った。

 

「 メガミデバイス アリス・ギア・アイギス」で思いっきりつっかえてプラモが作れない状態になってしまっているので 「プロモデラー直伝!美少女プラモ上達の近道」 を買うべきだったのだろうと思ったけど、今よりも懐かしいを取ってしまった。昔に逃げたくなってしまった。 『装甲騎兵』のプラモは静岡は放送しなかったので1体しか作ったことがなく、そのままジオラマにチャレンジしてゴミにしかならなかった。 『機甲界ガリアン』は4体作っていた。

このころになると周りでプラモが趣味の奴は1人もいなくなっていた。

 

THE FIRST SLAM DUNK Dolby Cinema® 新宿バルト9のドルビーシネマ小屋がメチャメチャ良かった。

公開が開始されて殆ど2か月が経つのね。100億円は行かないのか行くのか分からないけど390人位が入る小屋で8割の入り。10代の女の子もいたけど2/3が20代後半から30代のおばちゃん。

スラムダンク』は劇場版がテレビで放送されていたのを2本観た程度。面白いと思わなかったし、今回も俺が観る3ⅮCGアニメ映画なのか分からないでいたのだけど、作画監督は『甲鉄城のカバネリ』の人で、美術は小倉一男様ではないか。この2人でやっと観る気になりました。ファーストデーだったし、初の新宿バルト9のドルビーシネマだし。丸の内ピカデリーとどちらが良いのか身構えるまでもなくドルビーシネマの紹介トレーラーで圧倒的に新宿バルト9に軍配が上がった。画質は丸の内ピカデリーの方が映写距離が短くスクリーンが小さいので良いのでしょうが。HDRで協調されるシーンがなかったのはもったいない。 トップスピーカーとフロントワイドが繋がりが良くてもはっきり鳴っているのが分かりました。池袋のドルビーアトモスよりも良いと思ったので東京のドルビーアトモス小屋では1番。 残念なのが静かなシーンでエアコンかダクトか分からない何かの音が聞こえる。せっかくのクライマックスが半減してしまった。

フロントワイドはおもいっきり鳴っていたけどトップスピーカーとサラウンドバックを協調するように鳴るシーンはなかった。

モーションキャプチャーの演技は下手で全体の画は苦手だったけど、1回観るには楽しめたかな。客席の客がしょぼかったのは酷かったし、もうちょっと短い方が良かったけど。

 

METAL ROBOT魂<SIDE MS> ガンダムキマリスヴィダール

『SYNDUALITY(シンデュアリティ)』アニメ の発表があったので 「METAL ROBOT魂<SIDE MS> ガンダムキマリスヴィダール」 を買っていたことを思い出したので開封

形部一平氏の監修なのでマーキングのデザインをしているかなと思ったけど、「METAL ROBOT魂<SIDE MS> ガンダムバエル」と似たマーキングなんで違うかな?

 

形部一平デザインならもう気持ち派手な感じのような。

ガンダムデカール 機動戦士ガンダム 水星の魔女汎用」のデザインがちょこっと発表されているけど  「HG 1/144 エアリアル」と会社&寮のマーキング以外の「ジェタークMS」「グラスレ―MS」のマーキングデザインは海老川兼武形部一平デザインのような気がする。

ガンダムデカールNo.135 機動戦士ガンダム 水星の魔女汎用3|バンダイ ホビーサイト

JNTHED、稲田航の2人はプラモデルと魂ネイションの監修も出来なければ、マーキングのデザインも出来ないのが残念。

 

Just Because! Blu-ray BOX

去年の7月にamazonバーゲンで購入。酷すぎ梱包。プライム会員から即撤収しました。
2021年10月に再放送をしていたので低価格Blu-rayが出るのかと思ったら出なかった。2回観ても毎週面白かったので買ったのですが時間が経ったのでやっと観ました。全12話なので観出したら2日しか持ちませんでしたが結構覚えている所はさすがに多かった。
キュー・テックがポストプロダクション。ビットレートは高いけどカラーバンティングはやや気になります。ジャギーが気になった所はなかった。
LPCMは2.3ビットレート。音楽が派手に鳴らない作品だったのでフロントスピーカーのみで十分。セリフが演技で聞き取れないちゃんが何人かいらっしゃりましたが。
話とドラマの良さが光っていたけど全然話題にならなかったなあ。シリーズ構成・全話脚本家の方は今は 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』 と 『劇場版 青春ブタ野郎』2作をやっているようで。
高校3年のあの時期を描いたのも新しい感じがしたけど、自分は高校3年の三学期は生まれて初めてのガレージキットアコースティックギターで遊びながら上京をする準備をしていました。東京に出てきたのは良かったけどガレキとギターは出来るようになれませんでした。
 

HG 1/100 YF-19 買えたぁ!

買えなかったら一生買えない物が多いバンダイの「マクロス」。 ギリギリで買えました。これが「ガンプラ」や「30MS」のように再販回数が多ければこのシリーズは好きになれるのだけど。 早速箱を開けてしまった。

モールドが1/100なのにハセガワの1/72よりも太い! それだけで大感動! 戦闘機では作らないのでガンプラのように墨入れをすることに。問題は設定画にないF-22のようなモールド。「DX超合金」が出た時に河森正治様が付け足したのか、バンダイの開発が勝手に入れたのか分からなくて困る。消すことは簡単に出来るけど、カンナで彫り直した方がかっこ良くなるので河森デザインなら頑張ってやるのだけど。

付属のシールは全然ダメ。模型をおもちゃにしてしまう。 水転写デカールが買えたのもラッキーだったけど「マクロス 統合軍マーク」くらいしか使わない。

セガワで1/72でこれを待っていた人はいっぱいいたと思うけど、去年発売されたハセガワの「アイアンギアー」の作例を見たらハセガワには無理。

 

かなりの編集が入っていることが分かる動画だけど、板野一郎様が誉め言葉だけのはずがない!そんな板野さんがいてたまるかよ! この動画を作った人は『マクロス』を分かっていない。