機動戦士ガンダムNT 4K ULTRA HD Blu-ray

 

 

RX-9ナラティブガンダムを、RX-93よりもガンプラブーム時の1/100スケールガンダムに似ていると思っている人とは目と目で会話ができる仲になれると思う。

  

Blu-rayよりもプラズマテレビから有機ELに変えた際にスピーカーの位置も若干変えたせいか良い音だったような。音はBDもUHD BDも一緒だと思うのだけど。 サブウーファーを爆発に使わずに音楽で鳴らせていたのはちがうんじゃねと。

 

「劇場版よりクオリティUP!」と謳われたけど、新宿ピカデリーで2回観たけどどこをクオリティUP!したのか分からなかった。

キャラ作画が残念なのが幸いしたのかキャラのラインが濃い『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』のようなジャギーがなくパンニングしているシーンだけちょっとあっただけ。 『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』のようにHDRの効果を狙った演出はなかったのは残念。サイコフレームのシーンなんていっぱいできただろうに。 画全体は『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の2作のUHD BDより『機動戦士ガンダムNT』の方がキュー・テックが進化したのか明らかに良かった。

だけど、キュー・テックの4K ULTRAへのアップコン力が上がってもアニメソフトが出なくては意味がないんだけど。

 

シルヴァ・バレト(ナラティブVer.)」がいつの間にか「シルヴァ・バレト・サプレッサー」という名に変わっていたけど、画はタブレットで描かれていたのは気づけなかった。紙で描かれた画とタブレットで描かれた画の差が分からなくなってきたのはいいことなのかな? 困るのは原画集。タブレット原画を本で見るとかなり味気ない。

 

セリフだけで出て来たユニコーンガンダムが必要な強意というがなんなのか分からないが、ネオ・ジオング以上のMSであることを『機動戦士ガンダムUC2』に期待している。

 

薄暮

 

 
公開3日目のEJアニメシアター新宿の10時15分の回を鑑賞。300人位が入る席に20代から50代の野郎達が半分くらい入っていた。 
EJアニメシアター新宿の上映は1日一回だけ。 「Yahoo!映画」の評価は観る前の期待を下げるのには凄く良く、なんだ山本寛最後の作品はダメなのかと期待しないで観に行ったら『Fate/kaleid liner Prisma☆Illya プリズマ☆ファンタズム』よりも全然良かったぞ。EJアニメシアター新宿は一日2回は流してもよかったんじゃ。
 
主役の声の演技が少しつらいし、アニメ映画としてはちょっと弱い感じもしたけど、湖川友謙 足立慎吾劇場アニメキャラクターデザイン 作画監督クラスが参加している。
 
パンフレットに載っている評論に何をやっている人なのか知らないが宇野常寛という人が山本寛引退するな引退するなと言っていたけど、アニメでやりたいことはやり切ったような感じがした。最後に良い作品が作れたんだからこれで引退した方が。 アニメは引退して実写の映画の監督になれば良いのでは。アニメを引退した人の実写は観ないけど。
 

鬼滅の刃  第12話

 
今回は3D逃げをしているカットがなかったので眠くならなかったけど、おもしろさはもう、すっかり感じなくなってしまった。夏の新作アニメが始まったら観るのをやめるかもしれない。
音が良いのだけど放送では聞き分かり辛過ぎてもったいない。
 

MIX ミックス  第12話

 

ハードディスクプレーヤーに録画していた『フルーツバスケット』を観た後に観ようとしたら間違って消してしまった。 ら、公式HPで見逃し配信をしていて救われた。

でも、『フルーツバスケット』の方が楽しめた。

 

きみと、波にのれたら

 

 
新宿バルト9の初日の17時からの回を鑑賞。250人位入る小屋が1/4くらい入っていたかな。コアなアニメファン殆どだけど、おばあさんが2人で観に来ていたのはこの作品の何に引かれたのだろう?
 
TOHOシネマズ新宿がヘッド館だったようだけど、配給はTOHO animationでなく東宝。なのでパンフレットが安かった。
 
画は『夜明け告げるルーのうた』と殆ど変わらずペンタブ原画なのかな? 影もなく画に観ごたえがないような感じがするのだけど、話に乗ってしまえば最後まで観れる。
 
吉田玲子脚本の割にバリバリのラブストーリー。歌う所は恥ずかしくなった。『けいおん!』や『たまこラブストーリー』とは違うテイストで同じ脚本の人とは思えない。『ガールズ&パンツァー 最終章』とはどこか繋がっているような感じがしたけど、しただけだった。だってバルト9、『ガールズ&パンツァー』だらけなんだもん。
 
予想よりも見応えがあったけど、ビデオが欲しいかと言ったら今の所は物欲が湧かない。 今後の作品でこれだというのが出たら今までの作品も買うかもしれないけど『マインド・ゲーム』だけはだめかな。いまだにマイワーストアニメ2位。
 

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER 4K ULTRA HD Blu-ray

 

 

BDから観たけど(プラズマテレビで)画質はSBMV印なのにバンディングが気になるシーンが2ヶ所あり。ジャギーと24pのちらつきはちょっと気になる所があった。
サラウンドはDTS-HD Master Audio2.1chなのでサラウンドスピーカは全然鳴っていなかったけど低音は結構楽しめました。

 
前作と一緒で今回も1440×810ドットを4Kにアップコンした円盤だったけど、Blu-rayでも810pは余裕で入るのだから同じプレーヤーで同じ4Kテレビで観れば4Kに勝手にアップコンされ、4K ULTRA HD Blu-rayでなくてもそんなには変わらないのではと思っていたけど、4K ULTRA HD Blu-rayの方が全然綺麗。Blu-rayの画質にがっかりしてしまうくらい。HDRだけの効果ではないように見えた。

新宿ピカデリーBlu-rayでは気づけなかったけど松尾衡監督が明らかにHDRの効果を狙ったシーンが2ヶ所分かった。

 

逆にBlu-rayの方が優れていた所も。 パナソニック株式会社アプライアンス社ホームエンターテイメント開発センターと、ソニーPCLのポストプロダクションの違いのせいもあるかもしれないけどジャギーBlu-rayよりもUHD BDの方が気になるくらい出ている。

 

テレビの方でBlu-rayの再生とUHD BDの画質調整は別になるのだけど、Blu-rayの調整が難しかった。明るく青白いのをプラズマテレビで観ていた時の画を思い出しながら、更にプラズマテレビで観ていた時よりも綺麗になるように調整するのにああでもないこうでもないとやりながら自分が考えられるところで一番シンプルに調整したけど、どのBlu-rayを観ても粗が見える。フィルムグレインのようにデジタルグレインという言葉があるのか知らんがプラズマでは見えていなかったザラザラした物やBlu-rayでは見えていなかったバンディングも見えるようになってしまった。全体がピンボケしているような円盤もある。

 

35ミリフィルムで撮影されたアニメ以外の480p480iや720pのアニメはUHD BDにする必要なないだろうと勝手に思っていたけど、する価値があるのが分かってがっかり。今自分が持っているBlu-rayもUHD BDになったら買い変える価値があるなと。

 

あと、4K ULTRA HD Blu-rayを買うと特典に本編のBlu-rayも付いていてそれが今まで助かっていたのだけど、もう、UHD BDを観れる環境を手にしたので4K ULTRA HD Blu-rayとセットでBlu-rayは付けてもらわなくて結構です。Blu-rayを付けない変わりにその分安くしてください。