よなよなペンギン

 

公開日から4日目の新宿ピカデリー15時10分の回は6割くらいのお客さん。 親子連れが多かった。
おもしろかった。 絶対におもしろくないと自信があったくらいだったが、スピードの表現と情報量は『Disney’sクリスマス・キャロル』には全然なのだが『Disney’sクリスマス・キャロル』よりもおもしろかった。
ピクサーと違うのは動きがピクサーの作品と比べてブレーキがある感じ。なめらかな感じがしないのだが、これが見れないということではない。 ちょっと気になったのが台詞と口の動きがいまいち合っていないような感じがした。
全体の画はバリバリの3Dアニメではなく2Dな感じが少しあり。
2Dはもうやらないようなことを言っていたりんたろう監督の次回作は本当にまた3Dアニメなのかは分かりませんが3Dアニメをまたやるのであれば立体視で見せてほしい。 因みに今回の上映はフィルムでした。ちょっと全体が暗ぼったくて少し見辛い感じがした。
無駄がないし、よくまとまっているし、やっぱりりんたろう監督は上手いと監督だと思いました。