劇場版 戦国BASARA -The Last Party- 

 
  

新宿ピカデリーの初日、20時からの回は7割か8割くらいの入りだった。 殆どが女の子でしたが思っていたよりも野郎が結構いた。
 
 
フィルム画質以外ではテレビシリーズと画の違いは感じなかったけど、Production I.Gの本気作品だったのは意外。 原画に黄瀬和哉氏、西尾鉄也氏、それと中嶋敦子氏の名もあり、絵コンテには古橋一浩監督の名も。
 
 
女の子達はED終了の後に拍手をしていましたが、自分はおもしろいとかつまらないというよりは最後の 『戦国BASARA』 をなんとなく楽しめば良いという感じでございました。 ストーリーなんて殆どないようなもんで、熱すぎるドラマとでたらめチャンバラを楽しんだもん勝ちみたいな作品でござった。
 
 
ウーファーかなり鳴ります。 出来るだけボリュームが大きめの映画館で観た方が絶対に楽しめる。 
 
 
 
能登麻美子婦人は結構出ておりましたがもうちょっと女っ気が欲しかった 『戦国BASARA』 でござった。