劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇跡 

 
最初のTVシリーズはMXで放送されなかったせいで観ていないので『とある魔術の禁書目録II』はおもしろい回と全然分からねえよという回が半々で『とある科学の超電磁砲』の方が楽しめたといのが僕ちゃん。
 
とある魔術の禁書目録II』だけを観ていた限りでは上条当麻とインデックスでは 『とある魔術の禁書目録』が劇場版になっても痛快感があるアニメ映画にはできないと思ってしまったのだけど。 期待はあまりしないで今、角川シネマ新宿で観てきたのだけどやっぱり主人公2人に痛快は殆ど感じることはなかった。
 
一番心配していたTVシリーズの話が全然分からないというのが劇場版でもなのかとかなり心配だったけど、脚本がTVシリーズとは違い吉野弘幸氏だったからなのかそれはなかった。
J.C.STAFFがかなり本気で作っていたのも画を観ていれば伝わってきました。
 
TVシリーズに出ていたキャラも全員ではなかったけどかなり出ているお祭り劇場用アニメとしては良かったと思うのだけど、やっぱり当麻とインデックスの活躍が出ているシーンは多いのだけど弱い。