龍の歯医者 アニメ(ーター)見本市 Blu-ray特別版

 
Amazonから発売日より2日遅れで到着。
龍の歯医者』と『アニメ(ーター)見本市』がセットなのが何となくお得に感じ購入。
バルト9で『龍の歯医者』が上映されている時に、KADOKAWAがさせたことなのかバルト9が勝手にしてしまったのか分からないが1カ月前に発売されていたムックをパンフレットのように販売していた。これって、ありなのかぁ? ムックを映画のパンフレットとして販売していたのは違うと思った。
放送で観たときは暗い話のわりには面白かったけど、3Dの使い過ぎで全体の画のクオリティが低くなってしまっていたというのが感想だったけど、『ブレードランナー』や『スター・ウォーズ』みたいに一つの作品で何種もバージョン違いを出すほどの作品じゃないような。リテイク版が一番良かったけど。
何かフィルターをかけているのか分からんが画質がいまいちくっきりした感じがなく、サラウンドもサラウンドバックが鳴る5.1chだったけど低音が面白く鳴ってくれなかった。
 
『アニメ(ーター)見本市』はつまらない作品も、くだらねえと思った作品も、よく分からない作品も、さっぱり分からない作品もあったけど、アニメでこういうのが観たいんだよというのが『偶像戦域』。 前田真宏監督の残虐の描きが『アニマトリックス』の方が上手かったけど『ハンマーヘッド』も良かった。