実物大ユニコーンガンダム立像

「スモールワールズ TOKYO」に行ったついでにやっと観に行った。

パンフレットは500円のやつで十分だったのだけど、売っていないから1500円のやつを買ってしまった。

 

『「機動戦士ガンダムUC SPECIAL MOVIE」 Ver.2.0“Cage” SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle』 だけ観てきた。 ユニコーンガンダムは 「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」を最初に観た時ほど感動はしなかったけど、よく光って動いていた。

 

 

ガンダムベース東京にも行ったけど川口名人がいた。

富野、安彦、大河原サインが展示されているのでそれを観ただけでも良かったのだけど、凄い数が売っている。定価で。 完成品も展示されていたけど、素組のプラモを見てもつまらないだけだったけど、逆にしっかり作られ塗られていたのを見たらやっぱりここまでは作れないよと。 本格的に始めたらアニメを観る時間が相当削られてしまう。2/3以上削られてしまうんじゃないか。 小学生の時に飽きるまで作ったのは良かったかも。プラモデルに対する思いはそれで満足で来ちゃっているからもう本で完成したやつを見る程度で良いかな。

作るかはとりあえず置いといて、カトキハジメ様が箱から監修している『MG Ver.Ka』だけ集めてみようかなと思ったけどとんでもなくデカイやつが幾つかいたなあ。置き場所が作れないか今考えている最中。とんでもなくデカイやつが入ってくれる箱が何か良いやつがないか探したらアイリスオーヤマにあった。それが3つ置く場所ができれば結構あと5年くらいは集めていけるかな。 カトキハジメHGUCの監修久々じゃないかの『HGUC 1/144 ペーネロペー』の完成品を見たらかっこ良かったけど、完成したら箱に入らないじゃん。HGじゃなくてMGだった。ネオ・ジオングみたいにHGでPGよりはましだけど。