シン・ウルトラマン IMAXで観て大失敗

 

公開開始5日目のTOHOシネマズ新宿のIMAXレーザーで鑑賞。「109シネマズ」と「MOVIE WALKER」のページに騙された。

巨大スクリーンで“銀色の巨人”を目撃せよ!『シン・ウルトラマン』は全席特等席の“IMAX推し”(画像2/16) - MOVIE WALKER PRESS

初日にIMAXで観た人がネットに画角がなんなのか書いてくれる人がいるかと思ったけど、『ウルトラマン』のファンは映画ファンではないんだろうな。予告がシネスコサイズしかないのでそこで察っすることが出来なかった俺も悪いけど。 本編が始める前にビスタサイズの 『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』 の予告をバリバリのサラウンドで流し、その後に 『トップガン マーヴェリック』 のIMAXサイズの予告をバリバリのサラウンドで流し、その後に 『シン・仮面ライダー』 の予告を流すのかと思いきや、 『シン・ウルトラマン』 本編がちっさい画面のシネスコサイズで流れだして、目も耳も予告2本でIMAX慣れしてしまい 『シン・ウルトラマン』 をIMAXで観る価値0ではなく-10。 

サラウンドは3.1chみたいな5.1ch。

『シン・ウルトラマン』の予告を観た時に16ミリフィルムをテレビで流した画質を意識して照明にこだわっているのかな思ったけど思い違いでした。何のためのシネスコサイズなのか分からないくらい引き画が少なく、『シン・ゴジラ』 は普通の小屋で観ても良い感じだったのに、 『シン・ウルトラマン』 はカット数が多かったけど良いアングルがなかった。監督のパワーが歳のせいで昔より無くなってしまったのを見取れてしまって残念な気持ちに。

 

しかし、鬱になったからなのかただ湯鬱になっただけなのかよく分からないけど、続編は作らないと言って3部作だか2部作を1本にしたという庵野秀明脚本は良かったと思えた。 初日に観た人は 「『シン・ゴジラ』 より面白くない」 という声がかなりネットに出たので期待をしないようにまず落ち着こうと昨日まで頑張ったのが良かったのかもしれないけど、確かに 『シン・ゴジラ』 よりは面白いとは思わなかったけど、なぜあのタイトルを一番最初に出したのかが観終わった後でもどう解釈してよいの? なのだけど、話の入りはそれから行っちゃうのかと庵野脚本出だしはブッチギリ。 ラストは物足りなかったことは物足りなかったけど、オリジナルよりも良かった。両親が早くに死んだからかもしれないけど、虚構であっても死んだ者が生き返るっていうのがどういう説明があっても説得力を感じない。 

 

役者の演技も良いと思えた。テーマが分かりやすくセリフとドラマに乗ってしっかり描けていたし。

 

『シン・仮面ライダー』 は騙されてIMAXで観ないようにしないと。予告が流れなかったからIMAXではやらないかもしれないけど。