映画 ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

 
初日の新宿バルト9の145人くらいが入る小屋で鑑賞。親子連れで9割くらいの入り。夕方の回で満席でなかったのは意外。
バルト9の凄いのは『ドラえもん』でも深夜の上映をする所。昔の新宿は2ヶ所で『映画 ドラえもん』をやっていたけど、朝早めに上映して16時くらいの回が最後だった記憶がある。因みに自分が子供の時に観に行った沼津は19時くらいの回とかあったような。『モスラ対ゴジラ』と同時上映だった『のび太の恐竜』と、『のび太の宇宙小戦争』は夜に観に行った。
 
今回の『映画 ドラえもん』はリメイクではない話ではまあまあ。睡魔に負けることもなかったし。
 
3DCGに逃げているようなシーンもなく、ちょっとぼやけているような画はフィルムを意識したのかなあ?
 
なんと言っても凄いのがなんとドルビーデジタル7.1だった。日本のアニメでは初ではないだろうか。大きい小屋で観ていないのでサラウンドバックが2chになっている感じは結構分かった。ハリウッド映画でもなかなか感じられないのに。
 
残念だったのはしずかちゃんの入浴シーンはなし。ジャイアンの歌のシーンはあり。ドラミちゃんはアバンでちょい出。
 
欲を言えば悪者にも感情移入できる何かが欲しかったかな。