ひるね姫 ~知らないワタシの物語~スペシャル・エディション Blu-ray

 

amazonamazonより安く売っていたので思わず買ってしまった。保護ビニールと箱がちょっと傷んでいたけど。 所有したい作品ではないと館で観た時は思ったのだけど、2年ぶりに観たら退屈はしなかった。

それと、最近のアニメはタブレットなのか紙なのか見分けがつかないので、いかにもタブレット原画のアニメですという作品ではなく、パンフレットを読んで黄瀬和哉様が紙の方が良いと言っていてそこで初めてタブレット原画作品だったと気づいた『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』で目を鍛えようかと。 キャラ画に影を殆ど付けていないし、動きとラインが紙より力強さがないような感じはタブレット原画だからなのか演出なのか分からないけど4Kにアップコンするとそんな感じに見える。

バンディングとジャギーが気になった所がなくネイティブ1080pで撮影したのかなと思ったけどノイジーな画の感じがするので720pなのかなぁ? 『ガールズ&パンツァー 劇場版』と『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』のようにパッと観てネイティブ1080pと分かるほど色ががっちり出ていないような。

 

サラウンドバックが鳴るDTS-HD Master Audio5.1chだったけどサブウーファーとサラウンドスピーカーは面白く鳴ってくれなかった。

 

ブックレットでも黄瀬和哉様は紙の方が良いと言っていたけど、昔ワコムのTVCMになんかかっこよく出ていなかったけか。「これ、よろしく」みたいなこと言いながらアニメ界の永ちゃんみたいだった。

 

特典ディスクに入っていたHuluでしか観れなかった短編はメカが作画で驚いた。Production I.Gやればできるんじゃん。サンライズ第1スタジオクラスのメカ画ではないけどもうちょっと頑張れば『PATLABOR2 the Movie』の頃の画に戻れる。と、思ったら制作会社が違う所だった。 Huluは有機ELテレビを買った時に1カ月無料配信がついていてまだ使っていないけど、使わなくていいかなと。720iで撮影されバンディングだらけの画だった。こんなの画しか配信できないなら将来はないような。