ボークスの 「IMS 1/100 scale KNIGHT of GOLD A-T Type D2 MIRAGE」 で心が折れました。

秋葉原ラジオ会館ボークスに行って 『ファイブスター物語』 のプラモデルが今どんな感じなのか見てきたら、だめだぁ。難しのがよく伝わってきました。1巻に出てくる「ナイト・オブ・ゴールド」が1/144で出ることになったらまた考えることにします。 ガレキだったかもしれないけど 『装甲騎兵ボトムズ』 もパーフェクトグレードみたいなやつがいた。インジェクションキットだったとしてもあれも無理。 悲しくなったので新宿の紀伊国屋書店で単行本を数冊買いました。

 

下の階のイエローサブマリンに行ったら展示されているスケールモデルがやばい。美術館に飾った方が良いんじゃないかという出来。俺にはどう頑張ったてあんなの作れないよ。  「METAL BUILD ガンダムF91 CHRONICLE WHITE Ver.」 と 「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機 [EVA2020]」 が定価でおひとり様1個までで売られていた。 あと 「HGUC 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ Ξガンダム(クスィーガンダム)VSペーネロペー ファンネル・ミサイル エフェクトセット 」 がギリギリ売っていたみたい。箱が 「HGUCテンドロビウム」 と同じくらいの大きさだったかな。 川口名人が使っているヤスリが売っていたので買おうか迷ったけど、ハセガワのヤスリセットが以外に活躍しているのでやめました。

2件とも新宿に店があったのに、新宿はプラモデルはダメになったなあ。

 

さらに下の海洋堂に行ったら 『風の谷のナウシカ』 の「トルメキア装甲兵 クシャナ親衛隊Ver.」がかっこ悪かった。 「EVAGIRLS」も俺はダメだ。海洋堂はガーレジキット以外で欲しいと思った物がない。

 

 

ヨドバシAkibaがえらいことになっていた。道具も材料も塗料も新宿西口本店なんて目じゃない。 驚いたのがセロテープを使っていない。たぶんさいたま新都心駅前店もセロテープ漬けにしていない。新宿西口本店ホビー館の責任者がバカだから。そろそろ移動させられたかなあ。 そして救われた。素組、パチ組がズラッと展示。ボークスイエローサブマリンのようにあんなルーブル美術館に飾るように作っちゃダメよ。見てたらめまいがしちゃったもん。  素組だけでなく 「ガンダムホビーライフ」 に載っているNAZCA制作ガンプラもガイアノーツの製品と一緒に展示されていた。デザインが整っているけど好みはあるかなと。俺はパチ組までしかできないしないから参考にならなかったけど。全く何も塗らない究極のパチ組を目指している真っ最中です。気持ちと愛をこめて作ればどのプラモデルはパチ組で十分。