ワイド版 マンガ日本の古典23-三河物語

 

最初に出版された物も持っていたけど安彦良和漫画は少しでも大きく読めるならそっちの方が良いので購入。中身は後書きも一緒だけど、ハードカバーではなくなって帯が酷いことになった。あんた誰だよって感じだけど帯はダメにしてしまいやすいのでこの帯ならガンガンにダメにできる。

これ面白いです。 安彦良和漫画は難しいやつも結構あるけどこれは凄く分かりやすいです。

 

最近の漫画はタブレットで書かれているのが多いのでそういうのはタブレットで読むようにしているけど所有感は全くない。いつ読めなくなるのか分からないし。 安彦様はタブレットではないので本で読むのさあ。 故に買ってない 『安東 ANTON』。文藝春秋電子書籍でしか出す気がさそうだけど、A4サイズで良いので単行本で出しておくれよ。あの打ち切り方が素晴らしいんだよ。