アリス・ギア・アイギスオフィシャル設定資料集

小型のiPadを中古で買ったつもりが1ヵ月後にiphoneを買ってしまったと知ったおいらが 『アリス・ギア・アイギス』 がなんなのか分かるわけがなく、海老川兼武柳瀬敬之ガンダムデザイナーがかなり絡んでいると知ったので興味を持ち購入。 2周年に出た本なので4周年の今年も出るのかなぁ?

結構良い値がするなあ。と、思ったけど、厚さが半端なかった。さすがKADOKAWA。見応えは十分。

柳瀬敬之氏は画集にキャラ画が載っていたのでキャラクターデザインも出来るのは知っていたけど、海老川兼武氏も出来るのは初めて知った。メガミデバイスで出てると知ったので買えるのかネットで調べたら全然買えない。「兼志谷 シタラ」というお姉ちゃんが欲しかったのだけど。コトブキヤって再販するのかなあ?

figmaamazonで定価より2000円近く高くなっていたけど時間が経っているフィギュアは5000円まで行っていなければ範囲以内かなと思ったので買ってしまった。壊れている場合もあるので転売ヤーからはガンプラ以上に絶対に買ってはいけないのも知っております。

プラ関節が苦手な俺がfigmaを買う時が来るとは夢にも思わなかったけど、柳瀬敬之デザイン監修は頭の中の半分はガンダムのことしか考えていない俺は買わないとダメでしょう。 フュギュアは買ったら箱から空けないと酷いことになるのは知っているけどこれもかなぁ。

 

こっちは意外な所で値引き価格、送料無料で買えました。海老川兼武氏は期待したほど参加はしていないっぽいけど美少女プラモの練習になれば良いかなと。

 

デカールが出るのは嬉しい。「フレームアームズ・ガール」の瞳デカールでは一回り大きいのでタンポ印刷活かしで水性塗料でコーティングをしようとしていたのだけどやめた。でも7月発売かよ!そして買える気がまったくしない。買えるまで仮組状態にしておく。仮組状態のプラモが25体くらいあるのでたった一体増えたってどうということはない。いばって言うことではないけど。