映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝

今日の新宿ピカデリーはマスクが当たり前の時代に口紅を塗らないこっち系のおねえちゃんがいっぱい。皆さん 『劇場版 Free!-the Final Stroke- 後編』 のグッツ狙い。どこで売っているのか分からないバッチが付けられるバックは見てしまったこっちが恥ずかしくなる。

初日の鑑賞なのに15人しか入っていなかった。おじさんが13人、 おねえさんとおばちゃん1人づづ。幼児は一人もいない。ビールを飲んでる本当の馬鹿がいた。視覚 聴覚をわざわざ鈍らせて『映画クレヨンしんちゃん』をつまみにしてるって人生の楽しみ方を自分で見つけることが出来ないタイプなんだろうなあ。オタクには珍しい。 おいらも本当は『劇場版 Free!-the Final Stroke- 後編』を観るつもりだったのだけど全然チケットが取れませんでした。

今回は『バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』の監督。『襲来!!宇宙人シリリ』は面白くなかったので面白いのかつまらないかのどっちかなと思ったけど、今年の『映画クレヨンしんちゃん』も当たり。3年連続当たり。コロナに強い作品だあ。東宝3大アニメ映画で1度も休んでいないし。
「家族」「友情」のどちらかかどちらもがテーマで描かれる『映画クレヨンしんちゃん』だけど、中盤まで「家族」。『風の谷のナウシカ』のオマージュが描かれていたけどそこから「友情」に変わって幼児が楽しめるようになるって感じだったかな。 大人でもというか大人がちっちゃく笑える箇所が結構ありで口の中に物を入れていると油断していると吹いちゃうか変な所に入っていくので危険。 アクションが凄い所があったりでクライマックスはいまいちだったけどアニメ映画としてかなり良かったと思いました。

『映画クレヨンしんちゃん』には関係ないけどテレビシリーズを観ていると「すき家」のカレーのCMを観さされるのだけど胸やけがする。凄く苦手。