この素晴らしい世界に祝福を! Blu-ray BOX

amazonよりヨドバシ.comの方が安かった。そしてヨドバシ.comの梱包は素晴らしかった。amazonは全然ダメになったけど。

1枚にだいたい6話入り。 ビットレートは高いけど非常に残念なのが嫌なソニーPCLがポストプロダクション。 が、しかし、ソニーPCLにしては良い方。枯れた感じでもなかったし、つやがやたらある感じでもなかったし。カラーバンティングとジャギーが気になった所もなかった。本当にソニーPCLBlu-rayにしたのなのかなあ? 
LPCMは1.5ビットレート。だけどさすが岩浪美和様。低音が鳴ること鳴ること。ドッカン!ドッカン!鳴っていたよ。あと、声優の演出もかなり上手くやったような。

最初の放送以来に観たけどもう6年以上前の作品なんだあ。作画が酷いわけだぁ。 じゃねえよ!当時も酷ど過ぎると文句を言いながら観てたよ。 第1期は全話観たと思っていたら第6話までしか観ていませんでした。 エロ回が数話あるけど脚本はシリーズ構成の上江洲誠だと思って観ていると、EDのテロップには女性らしき名の人の脚本になっていました。2期には参加していないからセクシャルハラスメントから逃げたのかな。因みに 『ようこそ実力至上主義の教室へ』 のシリーズ構成をやっているお方でございました。

あれだけ文句を言って観るのを途中でやめたのに今回なんでBlu-rayを買ったのかというと、茅野愛衣声優活動10周年とかネットに出ていたので 「茅野愛衣の代表作って何だろう?」 と考えたらすぐさま 『この素晴らしい世界に祝福を!』 が出てきました。その勢いで買ってしまった。本人が 『この素晴らしい世界に祝福を!』 のキャラ、セリフをどう思いどう感じているのか知らんけど今回全話を初めて観たけど間違いなく茅野愛衣の代表作でした。