トップをねらえ! Blu-ray Box

amazonから発売日購入。

ポストプロダクションは残念ながらソニーPCL庵野秀明監督はソニーPCLが好きなのかなあ?上の方のおやじは挨拶すら満足にできないやつがいたりするんのだけど。 初期のSBMVなので画が枯れているような感じはあるけど、フィルム作品なのでデジタル撮影よりは気にならない。 フィルム現像が出来る会社だからなのかフィルムっぽさがあるのがキュー・テックより良い。
 
サラウンドはドルビーTrueHD5.1chだけどサラウンドバックは鳴らない。5.1chではなくステレオで鑑賞。 ボリュームは若干小さ目だけどガヤの情報量で激しく鳴らしているシーンがあった。低音域も高音域もいまいちだけど昔の作品だから仕方がない。

1989年の6月にアニメ専門シアターテアトル池袋でも公開されたっぽいけど、公開日までにLDがまだ完成してなかったようで、3管プロジェクターでVHSの上映だったのかな? 当時もパンフレットは作らなかったっポイけどチラシは今でも見かける。 今日からなぜ一部での小規模公開されることになったのか訳が分からないがバンダイナムコアーツはパンフレットを作らなかったから観に行かなかった。フィルム撮影作品なので入場者特典にフィルムを配る意味はあると思うけど。

久々に見たけど何度観ても最終話はなぜ白黒でしかも画面を小さくしたのか意図が全然分からん。庵野秀明の自己満足というなら分かるけど。 最終話はずっと好きじゃなかったけど『2』で上手く活かしたから許せるようになった。